« 日記&近況:暑中お見舞い申し上げます | トップページ | シムズ4:スターライダー家(その2)「悲しみのスターライダー」 »

2015.07.30

シムズ4:スターライダー家(その1)「シムズ4買いました」

Sim4_01_001_0011
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ4プレイ記事「スターライダー家(その1)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

★シムズ4を買ってしまいました!

 シムズ3の続編ですねー。

 実は、4月に買って、何度か遊んでました。

 でも、シムをSA.こと星忍そっくりに作りすぎたせいか、なぜか精神ダメージを激しく受けた為に、暫く遊んでませんでした・・・。

 やっぱ自分をモデルにするのは鬼門のようです。
 使うにしても、そこそこ変えないと危険です。

 私ことスターティを、またもやシムにしても良いのですけどシムズ3に追加されていた妖精種族は未だ、シムズ4には実装されてませんので(今後実装されるかどうかも不明ですが・・・)、今回は見送ります。

 そして、考えた挙句、作り上げたシムは・・・
 

 
Sim4_01_001_0014


★こんな感じでいこうと思います!

 脳内設定では・・・

 『仕事を辞めた孤独な老人スターライダーは、新しい町に越してきた。
 だが…新しい家には、見知らぬ少女、葉蘭が住んでいた!』

 ・・・と、言う事にしました!


★例によってキャラクターには元ネタがあります。


 スターライダーは、昔、PBM『夜桜忍法帖』というゲームで使っていたキャラクターで、歯車党という組織に所属していた忍者でした。


 葉蘭(ハラン)は、TRPGというゲームで使っていたキャラクターで、ハラン・バンジョーという名前でした。
 お気に入りのキャラクターなので、いろんなゲームでも流用しています。
 モンハンとか、ドラゴンズドグマとか、ダークソウルとか、PBWとかで・・・使いまくりです。


Sim4_01_001_0017
 
★さて!シムが住むことが出来る町は、3箇所用意されています。
 ・・・あれ?二箇所だったような・・・あ! アップグレードで増えてたのか―。

 まぁ、とりあえず、スタンダートっぽい左端の町にします。
 


Sim4_01_001_0015

Sim4_01_001_0016
 
★町のマップ画面です。一部ですけど、住める場所は、色が付いてるところですね。
 シムズ3と比べると町が狭いですね!

 シムズ3は、シームレスマップでしたが、シムズ4では、区画を移動するとロード画面になってマップ移動する仕様になりました。

 これは、シムズ2と同じ仕様ですねー。

 最初は、シームレスの方が絶対良いと思っていたんですけど、遊んでいるうちに、どうでもよくなってきました・・・。


 隣の区画とか、家の周りの様子は見えますしね。
 近所のシムとか歩いてるの見えますし・・・。


 とりあえず、スターライダー爺さんの資金では、選択の余地もなさそうです。
 適当な家を選んで住みます。
 

Sim4_01_001_0018

★ゲームが始まりました!
 
 引っ越してきたシムが、いつもの通り、家の前で突っ立っているところからスタートです。
 
★さて・・・冒頭で説明したとおり、今回の脳内設定は・・・

 『仕事を辞めた孤独な老人スターライダーは、新しい町に越してきた。
 
 だが…新しい家には、見知らぬ少女、葉蘭が住んでいた!』

 ・・・ですので・・・

Sim4_01_001_0019

 爺さん:「・・・俺は、こんな話は聞いてないぞ・・・」
 
 少女:「・・・。」


 みたいな絵面になりましたね。
 
Sim4_01_001_00110

★一応主人公の「スターライダー・ハイドイン」さん。
 シムズ4の日本語版は、「姓・名」表記ですので、スターライダーが名字で、ハイドインが名前です。
 英名ふうに言えば、「ハイドイン・スターライダー」さんですね。

 シムズ4の若者以上ののシムは特質を3つ持ちます。
 シムズ3よりも少ないですね。

 スターライダーの特質は、「隠気」「一匹狼」「早わかり」です

 願望は、「コンピューター名人」で、願望特典として「オタク脳」を取得しています。

 シムは、特質と願望とで性格が決まっているのです。

 シムズ3との違いは、願望をいつでも変更できると言う事です。
 子ども時代特有の願望もあって、このあたりが大きく変わっていますね!
 
Sim4_01_001_00111

★見知らぬ少女の「無敵鋼・葉蘭」ちゃん。
 無敵鋼(むてきはがね)が名字で、葉蘭(はらん)が名前です。

 特質は子供なので1つです。「善人

 脳内設定で、何故か、スターライダー爺さんの越してきた家に住んでいたことになっています。
 
 しかし、可愛いですね!(個人的感想)

 こりゃ、シムズ3には戻れないぞう


Sim4_01_001_00112


Sim4_01_001_00113


★家の内装と外観は、こんな感じです。
 ベッドが2つある家を選びましたので、二人で住めますね。


Sim4_01_001_00114


スターライダー爺さん:「とりあえず、中に入ろうか・・・」


Sim4_01_001_00115


 何故だか本を読み始める二人・・・


Sim4_01_001_00116


 本をネタに会話し始める老人と少女・・・


Sim4_01_001_00117


 葉蘭:「ちょっと、一息」 ジュースを、ごくごく・・・

Sim4_01_001_00118


 会話が弾みません(笑)


Sim4_01_001_00119

 しかし、葉蘭ちゃんは挫けません。
 なにせ、特質「善人」のシムですからね!

 話題を振ってみます。
 ・・・なんの話題だろう・・・?

Sim4_01_001_00120


 不評のようです。


Sim4_01_001_00121


 スターライダーからも話題が・・・ゴミ・・・


Sim4_01_001_00122


 スターライダー:「お前、ゴミ捨てできないだろ?ガキンチョだし・・・」

 葉蘭:「できますー」


Sim4_01_001_00123


 デザート?


Sim4_01_001_00124


 葉蘭?


Sim4_01_001_00125


 葉蘭:「うへー」


 なにやら駄目だしを受けている葉蘭ちゃん。
 ブツブツ言われております。

 まぁ何故か家に居たわけですからね。脳内設定ですが・・・。

Sim4_01_001_00126


 外からノックの音が・・・お隣さんが挨拶に来たようです。
 律義ですね!

 いや、当たり前のことなのか・・・でも、4月ごろに別のシムで遊んだときには挨拶なんて来てなかったのに・・・気が付かなかっただけなのだろうか・・・

 ともあれ、家主であるスターライダーに出迎えるよう指示を出します。


Sim4_01_001_00127


 しかし、葉蘭ちゃんと話しこんでいて、指示をしたのに出迎えに出ない、スターライダー爺さん・・・。


 なんか、玄関のシムが、増えてるし・・・。


Sim4_01_001_00128


 スターライダー:「いや、お待たせしました」


Sim4_01_001_00129


 最初に来たシム以外は帰ってしまいました。
 一応、家に入る?と挨拶してみたんですけど・・・。


 なんだったのか・・・


Sim4_01_001_00130


 辛口評価!


 なんか挨拶しないと駄目だったのかなー


Sim4_01_001_00131


 挨拶に来て下さったのは、「ホリデー・サマー」さん。
 日本語版なので、ホリデーが名字なので、英語表記だと「サマー・ホリデー」さんですね。


 カタカナの名前だと、「名・姓」の順だと思ってしまう!と考えて、ついつい説明してしまいます。


 でも、表示が姓名順だと、漢字の名前が使いやすいですね。


Sim4_01_001_00132


 リビングにて三人で会話します。
 なかなか良い感じに思えます。


Sim4_01_001_00133


 気が付けば、スターライダーは、寝室で本を読んで居りました。
 流石、「一匹狼」特質です。
 大勢の会話は苦手なのです多分。


 スターライダー:「葉蘭との関係を、どう説明したものか・・・」


 悩ましいですね、ソレ。


Sim4_01_001_00134


 悩ましいついでに、スマホで独りゲームで遊んでいると・・・


 サマー:「あの・・・? あちらで一緒に話をしませんか?」


 スターライダー:「うぉう!?」


Sim4_01_001_00135


 お客さんを、ほっておいては駄目ですよねー。
 まぁ、そのような突っ込みがあったかどうかは不明ですが、 とりあえずリビングに移動した模様。


Sim4_01_001_00136


 葉蘭:「ららら~ん♪」 しゃわー


 いつの間にか、葉蘭ちゃんはシャワーを浴びておりました。
 ・・・ということは、スターライダーとサマーさんは二人きりに!


Sim4_01_001_00137


 サマー:「以前は、どちらにお住みに?」


 スターライダー:「ははは。日本に住んでましたよ」


 表向き温和に対応しているスターライダー爺さんですが、左下のアイコンを見ると、「緊張」という文字が・・・。
 左下には、シムズ3と同じで、世帯のシムの状態が表示されます。
 何を緊張しているのでしょうね?


 ちょっと見てみましょうか? 


Sim4_01_001_00138


 マウスポインタをアイコンに合わせれば詳細が表示されます。


 ・・・ええと、「不審者注意」・・・どうやら、爺さんは、サマーさんを不審者だと思って警戒してるようです。


 失礼な!


 ・・・まぁ、爺さんが、赤の他人の少女と同棲してることを知られた日には・・・ヤバイですしね!


Sim4_01_001_00139


 葉蘭:「シャワー、気持ち良かったー」


 サマー:「おかえり」


 スターライダー:「 (ほっ、やっと来た・・・) 」


Sim4_01_001_00140


 三人の会話に戻りました。


Sim4_01_001_00141


 おっと、サマーさん、お帰りのようです。
 お疲れサマー。


Sim4_01_001_00142


 とりあえず、二人は、そこそこ仲が良くなったようです。


 次回に、つづきますー


────────────

スターライダー家(その2)に、進む。

シムズ4目次に戻る

|

« 日記&近況:暑中お見舞い申し上げます | トップページ | シムズ4:スターライダー家(その2)「悲しみのスターライダー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ4:スターライダー家(その1)「シムズ4買いました」:

« 日記&近況:暑中お見舞い申し上げます | トップページ | シムズ4:スターライダー家(その2)「悲しみのスターライダー」 »