« シムズ3:レイファード家(その2)「友達を呼ぼう」 | トップページ | シムズ3:グランゼリカ家(その3)「新婚スタさん」 »

2011.02.27

シムズ3:ミンメイさん家(その1)「ホリーとミンメイ」

Sims023_021_001_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「レイファード家(その2)」からの続きで「ミンメイさん家(その1)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★タイトルは、ミンメイ・インスターなので、インスター家【3期】でも、良かったんですけど・・・なんか本来の?インスター家の趣旨的な物と違ってきたので、「ミンメイさん家(ち)」にしてみました・・・

Sims023_021_001_2

 確か、ホリー・アルトさんと一緒にNPC化してたので、引き戻して、一緒に引っ越して貰ったんですよね。
 どんな生活をしてるのやら・・・覗いてみましょうー。

 ちなみに、ホリーさんは、サンセットバレーに最初から住んでいるデフォルトシムです。
 大金持ちのアルト家の一人娘さんです。

Sims023_021_001_3

 なんだか、ミンメイさんは、ホリーさんに、ブーイングを受けてました(爆)

Sims023_021_001_4

 でも、仲良く一緒のベッドで、ご就寝です。

Sims023_021_001_5

 2人の関係は、「フィアンセ」です・・・。
 女性同士なんですけど・・・なぜ・・・。
 私が指示したわけでは無くて・・・フリーウイルです。


Sims023_021_001_6

 翌朝です。
 ホリーさんは、朝ごはんを作ってますね。

Sims023_021_001_7

 彼女は、プロのシェフなので料理が得意です。

Sims023_021_001_8

 上手にワッフルが出来たようです。

Sims023_021_001_10

 ミンメイさんも起きてきて、御食事を致します。

 ミンメイ:「流石ですねー。おいしい!」

 ホリー:「うふふ」

Sims023_021_001_11

 そして、ミンメイさんは、心の中で、誘惑したがっております。
 「誘惑的」特質ですので・・・。

Sims023_021_001_12

 ついでに、ホリーさんも、心の中で、誘惑したがっております。
 彼女も、「誘惑的」特質なのです・・・。

 ・・・こいつら・・・

Sims023_021_001_13

 少ないとは言え、この町には、男性シムも、そこそこ居るのになぁ。
 どうなってんだ!

 とりあえず、朝からダンスしております。

Sims023_021_001_14

 あれ? ホリーさんの様子が・・・

Sims023_021_001_15

 あー・・・

Sims023_021_001_16

 ミンメイ:「うわー・・・これは、ないわー」

 ホリー:「臭いー」

 ・・・・・・。

Sims023_021_001_17

 何故か逆切れするホリーさん

 ホリー:「なによー!ダンスが楽しすぎて、我慢してただけじゃないの!」

 ミンメイ:「うーむ・・・(私的な、このシーンの切り抜け方は・・・)」

Sims023_021_001_18

 ミンメイ:「まー、貴女は、そんな所もチャーミングですよね」

 ホリー:「・・・」

 ・・・とりあえず、誘惑してみたようです。

Sims023_021_001_19

 ホリー:「そうかな? エヘw」

 ミンメイ:「とりあえず、お風呂に入ったら?」(にこやか)

 ・・・デレた・・・。

Sims023_021_001_20

 ちゃぷちゃぷ・・・

 あ・・・お風呂に照明を設置するの忘れてました。
 後で設置しようっと。

Sims023_021_001_21

 ミンメイ:「いやー・・・一時はどうなる事かと」

 本当にねぇ。

Sims023_021_001_22

 ホリーさんは、お仕事の時間になりました。
 いってらっしゃいませ!

Sims023_021_001_23

 さて・・・ミンメイさんには、新聞でも読んで貰いましょう。
 偶に読まないと、町の動きが判りませんしね。

 ミンメイ:「どれどれ・・なにか変ったことは・・・??」

Sims023_021_001_24

 ミンメイ:「うわっ!? スタの奴、結婚したぞう!」

 まじデ!?
 どうやら、シムのスターティこと、スタさんが、結婚したようです。
 相手は、クリストファー・スティールさん。
 サンセットバレーに最初からいるデフォルト男性シムの一人ですね!
 確か、なかなかの好青年だったはずです。

 流石スタさん。流石、わたし!

Sims023_021_001_25

 ミンメイ:「いやー・・・あの、スタが結婚ねぇ」

 あのスタが・・・。

Sims023_021_001_26

 ミンメイ:「月日がたつのは早い物ねー」

 本当ですねー。

Sims023_021_001_27

 ミンメイ:「星忍は、結婚しないのかなー」

 ・・・あの人は、色んな意味で無理でしょう。
 人生、何事も、あきらめが肝心です。

Sims023_021_001_28

 一通り家事が終わったところで、ダンスしております。

Sims023_021_001_29

 そうそう、ユーザカスタムで、よさそうなアクセサリーを見つけたんで着けてみてください。

 ミンメイ:「なんじゃらほい?」

Sims023_021_001_30

 ミンメイ:「うわ!? 翼生えた!」

 じゃーん!「rosesims2」さんの所からダウンロードした、ユーザメイドのアクセサリーです。

 ミンメイさんの元ネタは、TRPGで作った星忍のキャラでして、種族的に翼が生えてるのですよね。
 これで、再現度がアップです!

Sims023_021_001_31

 巨大なアクセサリーですので、色々と回りにブツカルと重なっちゃいますけどね。
 でも、許容範囲だと思います。
 素敵!

Sims023_021_001_33

 ソファに座ってテレビを見ております。

Sims023_021_001_34

 おー。
 翼があっても、不自然じゃないですね。
 翼の位置が、良い感じの配置です!

Sims023_021_001_35

 突如思い出したかのように、ミンメイさんにコンサートを開いて貰うことにします。
 翼も生えましたしね。

 彼女の職業は、ロックスターです。


Sims023_021_001_36

 ミンメイ:「いっちょ弾けてきますよ!」

Sims023_021_001_37

 ミンメイ・カーで会場である、劇場へ向かいます。
 翼が、はみ出ておりますけれど、想定内です!

Sims023_021_001_40

 フィーバー!

Sims023_021_001_41

 ホリーさん帰宅してました。
 壁テレビを見ております。

Sims023_021_001_43

 ちなみに、家の外見は、こんな感じです。
 夜なので良く見えませんが・・・。

 ちょっと頑張って自作してみました。

Sims023_021_001_45

 コンサートが終わっていたようです。
 おや? 少しばかりふくよかなリバーさんと会話してますね。

Sims023_021_001_46

 ミンメイ:「ん? 何見てるんですか。しっし!」

Sims023_021_001_47

 ポーライン:「(浮気だわ)」

 コフィ:「(浮気だなぁ)」

 どうやら誘惑してたようですね。

Sims023_021_001_48

 ミンメイ:「やべーな!ホリーに、知られなきゃいいけど」

 そうですねー。
 噂話で伝わることもありますからね!

 ちなみに、お風呂に入るときは翼外れるのですね。

Sims023_021_001_49

 ミンメイ:「寝ちゃおう寝ちゃおう」

 嫌な事があったときは寝るに限りますね。

Sims023_021_001_50

 ホリーさんは、まだテレビ見てるようなので、一人で寝ております。

Sims023_021_001_51

 ミンメイ宅の正面には、公共区画「踊るバルキリィ亭」が建ってます。
 ミンメイさんで、あそこを経営出来るようにしたいけど、MODとか使わないと駄目なのでしょうね。
 レジスターあたりのを・・・うーん。

Sims023_021_001_52

 ・・・とか、思いを馳せつつ、結婚したスタさんのことが気になっております。
 ですので、スタさんの家を覗いてみようと思います。
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────

グランゼリカ家(その3)に、進む。
レイファード家(その2)に、戻る。
目次に戻る。





|

« シムズ3:レイファード家(その2)「友達を呼ぼう」 | トップページ | シムズ3:グランゼリカ家(その3)「新婚スタさん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:ミンメイさん家(その1)「ホリーとミンメイ」:

« シムズ3:レイファード家(その2)「友達を呼ぼう」 | トップページ | シムズ3:グランゼリカ家(その3)「新婚スタさん」 »