« シムズ3:ウー家(その3)「お疲れ的ナ?」 | トップページ | シムズ3:ウー家(その5)「宿題が出来ないマレットさん」 »

2010.12.14

シムズ3:ウー家(その4)「もう色々とガタガタ」

Sims020_021_004_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「ウー家(その4)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★シム的に日曜日の朝です。

 テュッティ:「ねー、トイレ詰まってたよ」

 オーキッド:「えー?」

 そろそろガタが・・・

Sims020_021_004_2

 マレット:「おはよう・・・って朝ごはんコレ?」

 オーキッド:「イスズが作ってくれたんだ。おいしいよ?」

 テュッティ:「・・・」

 真っ黒に焦げてます。

Sims020_021_004_3

 シムは壊れたモノを自主的には直してくれないので、直して!と指示いたします。

 オーキッド:「仕方ないなー」 ゴボゴボ

Sims020_021_004_5

 修理と言えば、「チャンス」として「テレビの修理」を承っておりました。
 庭に置いてるので修理して貰いましょう。

Sims020_021_004_6

 イスズちゃんは、ギターの練習・・・未だ上手く弾けません。
 マレットさんは、本の虫ゆえに読書をしてるようです。

Sims020_021_004_7

 イスズちゃんの脳裏に「バイトしたい」という願いが浮かんだので、バイトを探してみました。
 スパで働くことに致します。

Sims020_021_004_8

 テレビの修理が終わったので依頼者に納品です。
 依頼者のジャミーさんは、美術館に居ました。

 ・・・ジャミーさん・・・油断してると、いつも、ふくよかに・・・

Sims020_021_004_9

 作家になりたい(小説と絵画)!というテュッティの為に、イーゼルを購入です。

Sims020_021_004_10

 早速練習をして貰いましょう。

Sims020_021_004_11

 家の中では、マレットさんと、イスズちゃんが、お喋りしてました。

Sims020_021_004_12

 もう、すっかりと陽が落ちましたねー。

Sims020_021_004_13

 オーキッドも帰宅してました。
 鏡で遊んでます。

Sims020_021_004_14

 マレットさんと会話を始めました。

 マレット:「ふわわー」

Sims020_021_004_15

 オーキッドは、「死ぬほど退屈」な話しをマレットさんにしてるようです。
 「笑いのセンスなし」特質のせいでしょうね。

Sims020_021_004_16

 マレット:「うーん。その話し全然面白く無いよ」

 オーキッド:「でも、君にしか、こんなこと話せないんだ」

Sims020_021_004_17

 マレット:「ふふふ・・・」

 オーキッド:「ニヤリ」

 何故か親密になる、お二人です。

Sims020_021_004_19

 オーキッド:「それでさー」

 マレット:「ふわあー」

 調子に乗って退屈話を続けるオーキッドです。

Sims020_021_004_20

 テュッティの絵が随分仕上がって参りました。
 ちょっと大きく描き過ぎたかな?

Sims020_021_004_21

 マレット:「・・・」 もぐもぐ

Sims020_021_004_22

 オーキッド:「わっ!」

 イスズ:「ぎゃっ!?」

Sims020_021_004_23

 マレット:「もー!なんで壊れるのよー」

 あーあ・・・
 食器を洗っていたら蛇口が壊れたようです。

Sims020_021_004_25

 テュッティの絵が出来上がったので、壁に貼ってみました。

Sims020_021_004_26

 キッチンのシンクが壊れてるので、バスルームのシンクでお皿を洗ってます。

Sims020_021_004_27

 ちょっとキッチンのシンクを修理してみましょう。
 テュッティに、お願いしてみました。

Sims020_021_004_28

 庭でギターの練習をしているイスズちゃんです。
 随分上手になりました。

Sims020_021_004_29

 バスルームで二人きりで会話している、オーキッドとマレットさんです。
 「硬派」と「魅惑的」って仲悪いはずなんですけど・・・

Sims020_021_004_30

 テュッティ:「ちょっと使うから出て行ってよー」

 修理終わったのかな?

Sims020_021_004_31

 どうやら、トイレに行きたくて修理を中断したようです。

 じゃー・・・オーキッドに修理の続きを頼みましょうか?
 ・・・と思ったらば、疲れすぎて無理だそうです。

 修理屋さんに電話して直してもらうことに致しましょう。

Sims020_021_004_32

 バスルームのシンクも壊れました。
 そろそろ家全がガタついてきたような感じです。

Sims020_021_004_33

 修理屋さんが到着です。
 よろしくお願いしまーす。

Sims020_021_004_34

 テュッティが気絶しました。
 良く見ると、皆さん、凄く眠そうです。

 そろそろ寝ないと・・・。

Sims020_021_004_36

 ・・・というか、いつの間にか朝になっていたようです。
 シムたちは、一睡もしてません・・・遊びすぎダー!

 ともあれ、学校や職場に向かいます。

Sims020_021_004_37

 テュッティ:「私は寝るー」

 気絶したせいか、登校コマンドがキャンセルされておりました。
 まー、体力が限界なので、登校した所で色々駄目そうです。

 体調不良と言うことで・・・。

Sims020_021_004_41

 イスズちゃんは居眠りがバレて、居残りになりました・・・。

Sims020_021_004_42

 一方なんとか睡魔に打ち勝ち、授業を乗り越えたマレットさんです。

 マレット:「うう・・・もうだめ・・・」

Sims020_021_004_43

 学校前のベンチで居眠り・・・。

Sims020_021_004_44

 マレット:「ふわわ・・・」

 ちょっと寝たら起きました。
 この後、本屋のレジのバイトに出かけました。

Sims020_021_004_45

 オーキッド:「ただいまー。物凄く眠いよ・・・」

 テュッティ:「お疲れさまー」

Sims020_021_004_46

 居残り授業から解放されたイスズちゃんです。

 イスズ:「もーダメだー」

Sims020_021_004_47

 ばたんQ

Sims020_021_004_48

 気絶から醒めた後、学校前にベンチに寝なおしてました。

 そう言えば、ここから町の中央公園が見えるのですよねー。
 あそこに見えるのは、キャラさんかな?

Sims020_021_004_49

 キャラさんが、ギター弾いてますね。
 ん? あの黒焦げのシムは・・・。

Sims020_021_004_50

 これは、スーザン・ウェインライトさんのようです。
 ・・・というか随分前にも黒焦げ立ったような・・・まさか、あれからずっとこのまま?
 お風呂に入ってないのか・・・。

Sims020_021_004_52

 マレット:「ただいまー」

 バイトが終わったようです。

Sims020_021_004_53

 マレット:「もう寝よう・・・」

 おやすみなさいませ。
 ・・・イスズちゃんが戻ってませんね。

Sims020_021_004_54

 イスズちゃんは、学校脇の小さな公園(校庭かも?)で、ギターの練習をしてました。

Sims020_021_004_57

 イスズ:「私は芸術の達人になるわ!」

 生涯願望が浮かびました。
 じゃあ、そうしましょうか!

Sims020_021_004_58

 ようやく帰宅です。

 イスズ:「お腹空いた!」

Sims020_021_004_59

 でも、睡魔が勝ったようです。

 イスズ:「とにかく寝るー」

 ・・・あれ? テュッティは?

Sims020_021_004_60

 テュッティ:「お絵かき、ぶおおおー」

 マイペースでした。
 シムは、いつでもマイペースで羨ましいです。
 余程でなければ、生活も保障されてるしナー・・・
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────

ウー家(その4)に、進む。
ウー家(その3)に、戻る。
目次に戻る。





|

« シムズ3:ウー家(その3)「お疲れ的ナ?」 | トップページ | シムズ3:ウー家(その5)「宿題が出来ないマレットさん」 »

コメント

見るなら、いいですよね!!!

投稿: ff14 rmt | 2010.12.14 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:ウー家(その4)「もう色々とガタガタ」:

« シムズ3:ウー家(その3)「お疲れ的ナ?」 | トップページ | シムズ3:ウー家(その5)「宿題が出来ないマレットさん」 »