« シムズ3:モスクワ家(その37)「パルナスとボイドの子」 | トップページ | シムズ3:ウー家(その2)「うまくやっていけるかな?」 »

2010.11.25

シムズ3:ウー家(その1)「オーキッドと女の子達」

Sims020_021_001_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「モスクワ家(その37)」からの続きで「ウー家(その1)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★新しい世帯を作ってみました。
 某TRPGオンラインセッションサイトでの友達のキャラなんですけどね。
 勿論プレイヤーさんからは、許可を頂いておりますよう・・・

Sims020_021_001_3

 えーと・・・左から・・・

 マレット・ノワロ(女性・ティーン)
 オーキッド・ウー(男性・ヤングアダルト)
 イスズ・ヒボ(女性・ティーン)
 テュッティ・ミッピーティ(女性・ティーン)

 という構成でして、みんな血は繋がってません(爆)
 一体何の集まりなんだか!

 オーキッドだけが大人なので、一応世帯主?
 高校生の女の子たちを、サンセットバレーに留学させるために引率してきたという感じですね多分。

Sims020_021_001_8
Sims020_021_001_6
Sims020_021_001_9
Sims020_021_001_7

 特質などは、上記のとおりです。

Sims020_021_001_15

 町に来たばかりのシムは、いつもハラペコです。
 マレットさんが何か作ってくれてますね。
 後はオーブンで焼き上がるのを待つだけ。

Sims020_021_001_17

 マレット:「げほぅ」

 ・・・焦げたっぽい

Sims020_021_001_18

 しょんぼり

Sims020_021_001_19

 マレット:「こんなの食べれないわ」

 冷蔵庫を漁ります。

Sims020_021_001_20

 冷たいジャムパンを食べております。

Sims020_021_001_21

 オーキッドが、やたら新しい家を連呼しております。
 よっぽど気に入ってるのでしょう。

Sims020_021_001_22

 家の中の配置は、こんな感じです。
 資金をチートで増やしてないので、安く作っております。

Sims020_021_001_24

 近所には、スランプ家が見えます。
 ウー家のあった場所は、前に、スパロウ家があった所なんですよね。

Sims020_021_001_25

 オーキッド:「さて、マレットの手料理を・・・」

Sims020_021_001_26

 オーキッド:「(・・・なんだか、黒い・・・)」

 焦げてますから。

Sims020_021_001_27

 オーキッド:「げほっげほっ」

 むせております。
 まー、シムは、おいしい食事食べても、むせますけどね。
 基本的に不器用なのがシム?

Sims020_021_001_28

 オーキッド:「やぁ、マレット!おいしい食事だったよ。君らも食べたら?」

Sims020_021_001_29

 イスズ:「そうだね。頂こうか!」

 テュッティ:「食べよう食べようー」

 マレット:「・・・」

Sims020_021_001_31

 イスズ:「これ、チョコレート・・・かな」

 テュッティ:「炭の匂いが・・・」

Sims020_021_001_32

 マレット:「・・・食べなくて良いわよ・・・」

 イスズ:「いただきまーす」

 テュッティ:「食べる食べる」 ぱりぱり

Sims020_021_001_33

 ・・・さて、この世帯の唯一の大人は、オーキッドなので、就職して貰いましょう。
 理由は忘れましたけど、科学キャリアに応募します。
 被験者からですね。

Sims020_021_001_34

 ほんと、シムの就職は、楽で良いですね。
 最近、身にしみてきました・・・。

Sims020_021_001_36

 居残り組の女の子たちですが・・・引っ越したばかりで学校も未だですので、どうしようかな?
 テュッティが、「有酸素運動したい」と願望を点灯させてましたので、ジムに行ってみましょう。
 他の2人も誘います。

Sims020_021_001_37

 サンセットバレーの無料タクシーで向かいます。
 サンセットバレーって豊かなのかなー。
 無料ですものねー。
 まー、税金に入ってるのでしょうけど。

Sims020_021_001_38

 着きました。

Sims020_021_001_39

 イスズちゃんは、ルームランナー。
 テュッティは、体操。

Sims020_021_001_40

 マレットさんは・・・?

Sims020_021_001_41

 マレット:「ぶはっ!」 さばー

Sims020_021_001_42

 少年:「僕の勝ちー!」 さばっ

 マレット:「むむー」

 息止めコンテストしてました。

Sims020_021_001_43

 マレット:「今度は、絶対勝つ!」

 小学生相手に闘志を燃やしております。

Sims020_021_001_45

 おばさん:「わたしも参加させてちょうだい」

 マレット:「え? じゃあ・・・坊や、三人で勝負よ!」

Sims020_021_001_46

 ファイトッ!・・・ぷくぷく・・・

Sims020_021_001_47

 マレット:「ぷはっ!」

 少年:「やったー!僕の勝ちー!」

 優勝は、おばさんですけどね。

Sims020_021_001_48

 マレット:「わたしトイレ・・・」

 何度か勝負してましたけど、全然勝てませんでした。

Sims020_021_001_49

 オーキッド:「みんな、どこに行ったのかなぁ・・・」

 おや?帰ってましたか?

Sims020_021_001_50

 今からジムに行っても、時間無さそうなので、「踊るバルキリィ亭」にでも行ってみましょう。
 大人の社交場ですよう。多分。

Sims020_021_001_52

 ジムの方にカメラを戻すと・・・おや?
 マレットさんは、デビタンと会話してました。
 デビタンは、角や尻尾を隠しておりますね!

 ・・・単に、成長後に着替えさせてないだけなんですけど・・・。

Sims020_021_001_53

 イスズ:「ねぇねぇ。婚約したって本当?」

 デビー:「本当だよ。高校生同士でも婚約出来るんだぜ」

 ・・・出来ないはずなんですけど・・・

Sims020_021_001_54

 美しいおみ足が・・・

Sims020_021_001_55

 テュッティの脚でした!
 ザ・シムズ3のベースゲームだけでは、プールの中は見れなかったのですけどね。
 データセット「ワールドアドベンチャーズ」を導入すると、地下室が追加になるお陰で、プールの中が見れるようになりました。

 ひょっとしたら、最新パッチを当てると、ベースゲームだけでも見れるかもしれません。

Sims020_021_001_56

 マレット:「うぎぎぎぎ・・・」

Sims020_021_001_57

 デビタンに誘われたのか、筋トレしてました。

Sims020_021_001_58

 こちらは、踊るバルキリィ亭です。
 大人の社交場。

Sims020_021_001_59

 ・・・のはずなのですが、この頃は、まだ、データセット「レイトナイト」が発売になってません。
 「踊るバルキリィ亭」の公共施設の種類は、「美術館」なんですよね。

 レイトナイトで、「バー」に出来れば良いのですけど。
 今度試してみようと思います。

Sims020_021_001_60

 おや?
 イスズちゃんが、補導されたようです。

Sims020_021_001_61

 警官:「だめじゃないか」

 イスズ:「ごめんなさいー」

Sims020_021_001_62

 警官:「あれ? 保護者は?」

 イスズ:「まだ、帰ってないみたい」

Sims020_021_001_63

 オーキッドが、いなかったので、警官が代わりに怒ってくれました(笑)

 ・・・最近のネットて、(笑)って使いませんよね。
 wの方が良いのかな?

 まー、いっか!

Sims020_021_001_64

 テュッティ:「おかえりー」

 イスズ:「もー、最悪!」

Sims020_021_001_65

 マレットさん入浴中です。
 おや?水着を着てますね?

Sims020_021_001_66

 マレットさんは、「裸嫌い」特質なので、水着を着て入浴するようです!
 裸嫌いは、こういう感じなんですね。

 モザイクが嫌な人は、「裸嫌い」を入れると良いかも??
 最近、私も、モザイクが鬱陶しくなってきております。

 モザイクを外すMODは、二種類ほどあるようなので検討しようカナー?
 勿論、ブログにUPするときは、編集ソフトでモザイクいれますけどねw

Sims020_021_001_68

 あれ? シムたちが騒いでますね。
 寝れないー!と言ってる?

Sims020_021_001_69

 ベッドの配置が悪かったようです。
 この隙間に入れないのかー。

Sims020_021_001_70

 うーん・・・これで、どうかな?

Sims020_021_001_71

 成功です。
 まー、お家が大きくなるまで、我慢してくださいー。
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────

ウー家(その2)に、進む。
モスクワ家(その37)に、戻る。
目次に戻る。




|

« シムズ3:モスクワ家(その37)「パルナスとボイドの子」 | トップページ | シムズ3:ウー家(その2)「うまくやっていけるかな?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:ウー家(その1)「オーキッドと女の子達」:

« シムズ3:モスクワ家(その37)「パルナスとボイドの子」 | トップページ | シムズ3:ウー家(その2)「うまくやっていけるかな?」 »