« シムズ3:モスクワ家(その31)「スタとボイドさん」 | トップページ | シムズ3:モスクワ家(その33)「スターティは昇進中」 »

2010.10.13

シムズ3:モスクワ家(その32)「様子を見に来たハランちゃん?」

Sims002_021_032_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「モスクワ家(その32)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★最近シムフーに凝っているパルナスさんということで、瓦割りならぬ、板割りです。
 あちょー!・・・

Sims002_021_032_2

 ・・・まぁ実のところ、庭に置いていても指示しないと、シムフー修行してくれません。
 他のサイトだと、フリーウイルでやってたっぽいのですけどね。

 パルナス:「あいたたた・・・」

 スキルが低いっぽい

Sims002_021_032_4

 そして、パルナスさんは、なんだか、ノッティさんに会いたいっぽい。

Sims002_021_032_7

 誘い出してみることに致します。
 待ち合わせは・・・

Sims002_021_032_10

 公共施設「踊るバルキリィ亭」で会うことにしました!

Sims002_021_032_11

 無事合流できまして、おしゃべりちゅ

Sims002_021_032_9

 シムのスターティことスタさんも、暇ですので、踊るバルキリィ亭に出向くことにします。

Sims002_021_032_12

 到着するなり、ずんずんと上の階層へ向かいます。

Sims002_021_032_13

 相変わらず、この公共区画の玄関は、このテラスの扉のようです。

Sims002_021_032_14

 スタ:「何故か、上まで行ってしまう」

 ナンデダロー?

Sims002_021_032_15

 この建物の公共施設の種別は、「美術館」ですので、お客様は、展示物を鑑賞することがメインになるようです。
 設定種別に、バーとか、カフェとかあれば良いのですけれどね。

Sims002_021_032_16

 追加パッケージ「ワールドアドベンチャラーズ」のお陰で、レジを置くことは出来ます。
 けど店員は、ランダムで選ばれるようです。

 いつもイーサン君なので、どうやらランダムで選んだ挙句、固定のようです多分。
 たまたまかも?

 MODで選択式に出来るようなのですが、なにか条件があるようで、選べないシムもいますね。
 なので結局、レジスターのMODは、使わずじまいです。

Sims002_021_032_17

 おや? パルナスさんが、踊るバルキリィ亭の庭に、怪しげな階段を見つけたようです。

Sims002_021_032_19

 実は、庭に地下室を設置しておりました!

 本当は、ネクター作成機などを置きたかったのですけれど、どうやら出来ないようです。
 公共設備に無いんですよね。
 代わりに、お忍びのカフェ的な空間になりました。

 適当すぎて、面白みは無いですね。すみません。

Sims002_021_032_21

 パルナス:「・・・とりあえず、飲んでみましょうか」 ジョボボボ

Sims002_021_032_22

 パルナス:「あっちちちち!」

 あら?珍しいアクションが見れましたw

Sims002_021_032_24

 スタさんは、いつのまにか家に帰ってました。

 スタ:「眠い!」

Sims002_021_032_26

 スタ:「寝るます」

 軍隊の朝は早いですしね。

Sims002_021_032_27

 スタさんは、食事配給係なので、食事を作ってるか運んでるのでしょう。
 頑張ってくださいー!

Sims002_021_032_28

 スタ:「ピザ食べたいー」

 てっきり10代だったので、ピザ好きなのかと思ったら違ったようです。
 若年になっても、ピザ好きでした。
 好きな食べ物はシチューの、はずなのですけれどねー。

Sims002_021_032_29

 仕事から帰ってきたパルナスさんです。
 新聞を読んで、町の状況を調べて貰ってます。

 パルナス:「うーん・・・特に何もないわね」

Sims002_021_032_30

 おっと?
 ボイドさんが、「水質管理者」に昇進したようです。

Sims002_021_032_31

 水質管理者の制服は、水色の波模様なんですけれど・・・幽霊なので良くわかりませんねw

Sims002_021_032_32

 お!
 スタさんも昇進して、「歩兵」になりました。
 マッスルアピールが成功したのでしょうか?

Sims002_021_032_33

 朝早い出勤のせいか、速攻で寝るスタさん。

 スタ:「Zzz・・・」

Sims002_021_032_34

 そして、シム時間的に、0:00に起きてしまうのでした。

 スタ:「おはようございます」 むくり

Sims002_021_032_35

 シャワワ~

 ・・・何処からともなく、妙な音楽が・・・

 ちょっと家の周囲を見てみましょう。

Sims002_021_032_36

 ハランちゃんが来た音でした。
 庭の墓石から、やってきたようです。

 死因が感電なので、バリバリ電気が流れています。

Sims002_021_032_38

 家の壁を抜けて、ベッドで、ご就寝。
 あの世で、冒険して疲れてるようです。

Sims002_021_032_39

 スタ:「うわー!幽霊だー!」

 ボワンッ

 スタさんが、寝てるハランちゃんにビックリすると、消えてしまいました。

Sims002_021_032_40

 スタ:「あー、びっくりした!」

 ボイドさんで、幽霊慣れしてるはずなのになぁ。
 ・・・というか、ボイドさんにも、たまにビビってますよね?

Sims002_021_032_41

 スタ:「おっと、お仕事の時間だ。いってきまーす」

Sims002_021_032_42

 ぶろろーん

 送迎車が、ハラン墓所の前を通過、致します。

Sims002_021_032_43

 ハラン:「いってらっしゃーい」(お墓通信)

 これに懲りずに、また出現してくださいね。
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────

モスクワ家(その33)に、進む。
モスクワ家(その31)に、戻る。
目次に戻る。





|

« シムズ3:モスクワ家(その31)「スタとボイドさん」 | トップページ | シムズ3:モスクワ家(その33)「スターティは昇進中」 »

コメント

特質「鍛錬されている」が入っているシムは、フリーウイルで鍛錬をします。
妹の世話と、トイレ以外はひたすらしてるので、こちらが心配になるほどです。

投稿: kei44 | 2010.10.14 16:00

☆kei44様

 こんにちは!
 あー、「鍛練されている」がキーでしたか!
 極端な事になるようですねw
 情報ありがとうございました。

投稿: SA.星忍冒険 | 2010.10.14 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:モスクワ家(その32)「様子を見に来たハランちゃん?」:

« シムズ3:モスクワ家(その31)「スタとボイドさん」 | トップページ | シムズ3:モスクワ家(その33)「スターティは昇進中」 »