« シムズ3:フェルトン家(その3)「エンゼルケーキ」 | トップページ | シムズ3:モスクワ家(その21)「スタさんの誕生日!」 »

2010.08.30

シムズ3:モスクワ家(その20)「もう直ぐ若年スタ」

Sims002_021_020_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「フェルトン家(その3)」からの続きで「モスクワ家(その20)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★お久しぶりのモスクワ世帯です。
 そろそろ、元祖シムのスターティこと、スタさんが、ティーン(高校生)から、ヤングアダルト(若年)になるはずなのです・・・

Sims002_021_020_2

 もう、なってたりして・・・?

Sims002_021_020_3

 まだ、高校生でした!

Sims002_021_020_4

 あー、まだ少し日数が、ありましたねー。
 あと、3日もありました。

Sims002_021_020_6

 まー、このまま様子を見ることに致しましょう。
 他のシムは、どこにいるのでしょうねー?

Sims002_021_020_8

 どうやら、劇場でショーを見てるようです!

Sims002_021_020_9

 モスクワ夫妻こと、妻パルナスさんと、夫ボイドさんですね。
 ボイドさんは、「オーマイゴッド!」で蘇生したので、肉体がありません。

Sims002_021_020_10

 おや? この青白い女の子は、もしかして、デモン家の「デビタン」では??
 いつの間にか、高校生になっていたようです。
 角と尻尾が消えてるので、また付けないと!

Sims002_021_020_11

 男性:「パルナスさん、仕事の話を・・・」

 パルナス:「それよりも、お腹空いたわー」

Sims002_021_020_12

 ボイド:「わっ!」

 パルナス:「ぎゃ!?」

Sims002_021_020_13

 パルナス:「もー、なにをするのよー」

 ボイド:「やー、ごめんごめん」

 ボイドさんたらヤキモチでしょうか?
 この後も、パルナスさんに対して気にしている男性たちを脅かしておりましたw

Sims002_021_020_15

 スタ:「おかえりー」

Sims002_021_020_16

 スタ:「そろそろ寝るます」

 パルナス:「おやすみ」

Sims002_021_020_17

 科学的な夢を見つつ、就寝しております。

Sims002_021_020_18

 あれえ?

Sims002_021_020_19

 防犯ベルが鳴るより早く気がついたのは、パルナスさんでした。
 流石、警察官ですね! 正確にはスパイなんですけど。

Sims002_021_020_20

 パルナス:「むにゃむにゃ」

 ・・・あれえ?

Sims002_021_020_21

 寝てしまいました!(爆)

Sims002_021_020_22

 ジリリリリリリリ!!

 しかし、防犯ベルが、けたたましく鳴ったので、全員起床致しました!

Sims002_021_020_24

 どうも野外での犯行だったようです。
 ハランちゃんの墓地に設置された防犯ベルが鳴ってます。

Sims002_021_020_25

 犯人は、すぐさま逮捕されました。

Sims002_021_020_26

 警察官:「盗られたものは、取り返しましたよ」

 スタ:「ごくろーサマー」

Sims002_021_020_27

 取り返した貰ったブツは、家族の持ち物欄に保管されます。
 一番右端の、飾り物「太陽面」が、盗まれたものだったようです。

Sims002_021_020_28

 どうやら、玄関に着けてたものが盗られたようですねー。

Sims002_021_020_29

 よいしょっと! これで元通りです!

Sims002_021_020_30

 スタ:「はー・・・寝るべー」

Sims002_021_020_31

 あと二日で、誕生日ですね。
 長かった学生生活が終わろうとしております。

Sims002_021_020_32

 朝になりました。

 スタ:「ふわー」

Sims002_021_020_34

 スタさんの日課は、自分のベッドメイキングを済ませた後、モスクワ夫妻のベッドもメイキングすることです。

 スタ:「昨晩はお楽しみでしたね・・・っと」

 いえ、なにも・・・

Sims002_021_020_35

 スタ:「いってきまーす」

 元気に登校です。 いってらっしゃいませー!

Sims002_021_020_38

 パルナスさんも、ボイドさんも出勤致しました。

 ハランちゃんが墓地で御留守番です。
 アナザープレーンで冒険中かもしれませんけれど・・・。

Sims002_021_020_39

 パルナスさんが帰宅してきました。
 今日は、音楽業界へのスパイだったようですね。
 郵便受けになにやら入ってそうでしたので、確認して貰っています。

Sims002_021_020_40

 そういえば、宝石をカットしてたのでした。
 ついでに、賞状も入ってました!

 そういえば、賞状って売れるんですよねー。
 ただ直ぐに売らないと、どんどん価値が下がっていくようです。

Sims002_021_020_41

 宝石は、ハランちゃんにお供えすることに致しました。

Sims002_021_020_42

 スタさん下校してました。
 お疲れで、御昼寝です。
 学校で、はしゃぎ過ぎたのかな?

Sims002_021_020_45

 パルナスさんは、お風呂タイムです。 ちゃぽちゃぽーん。

Sims002_021_020_46

 スタさんは、いつの間にか起床しておりました。
 テレビゲームしております。

Sims002_021_020_47

 スタ:「やー!とー!」

Sims002_021_020_48

 パルナスさんの愚痴も聞きます。

 パルナス:「食器を洗ってから、ゲームしてくれる?」

 スタ:「はーい」

Sims002_021_020_49

 スタ:「疲れたびー」

Sims002_021_020_50

 ボイドさんも帰って来ていてシャワー浴びております。
 ・・・霊体なんですけど、汗を、かくようです・・・。

Sims002_021_020_51

 そして御庭へ出ました。

Sims002_021_020_52

 お墓参りだったようです。

 ボイド:「おやすみハラン」

Sims002_021_020_53

 ひょっとしたら、霊界通信で、会話していたのかもしれませんね!
 なにせ、ボイドさんは霊体ですからね。
 ハランちゃんは、霊界で大冒険中なのかもしれませんし?
 D&D的な?
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────

モスクワ家(その21)に、進む。
フェルトン家(その3)に、戻る。
モスクワ家(その19)に、戻る。
目次に戻る。





|

« シムズ3:フェルトン家(その3)「エンゼルケーキ」 | トップページ | シムズ3:モスクワ家(その21)「スタさんの誕生日!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:モスクワ家(その20)「もう直ぐ若年スタ」:

« シムズ3:フェルトン家(その3)「エンゼルケーキ」 | トップページ | シムズ3:モスクワ家(その21)「スタさんの誕生日!」 »