« シムズ3:ウェインライト家(その3)「復活?ボイド氏」 | トップページ | シムズ3:トゥーイ家(その12)「改めてアドベンの誕生日!」 »

2010.06.08

シムズ3:トゥーイ家(その11)「トゥーイ家とフレスメル家」

Sims012_019_011_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「ウェイライト家(その3)」からの続きで「トゥーイ家(その11)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★別の世帯で遊んでましたら、いつのまにか、「トゥーイ家」と「フレスメル家」が一緒に住んでました。
 しかも、引っ越しまでしてました!

 トゥーイ家は、夫のファストリック、妻のエミリエ、息子のアドベン、そして養女のスターティ・シムテリア。
 フレスメル家は、父親のトアンと、その娘のネジロちゃんです。

 ドウナッテンダー・・・

Sims012_019_011_2

 アクティブにすると、ネジロちゃんが居りました!
 お久しぶりですねー。

 あれ?他のシムは、いませんね・・・お出かけ中のようです。

Sims012_019_011_3

 これが、トゥーイ家と、フレスメル家が共同で購入したと思われる御家です。
 うわー! 大きな家ですね!
 なんと、三階建てですよう。

Sims012_019_011_4

 作りは古そうな雰囲気ですが、巨大邸宅ですねー。

Sims012_019_011_5

 良く見たら、離れに車庫もあります。

Sims012_019_011_6

 たまたま近くを走っていたメイドサービスの車です。

 メイド:「お電話お待ちしておりまーす」 ブロロロ・・・

Sims012_019_011_7

 同じように、トアンさんは、車を飛ばしておりました。

Sims012_019_011_8

 公園に行く途中だったようです。

Sims012_019_011_9

 トアン:「やあ、ファストリック君。良い天気だね!」

 ファストリック:「ああ、副社長さん。じつに良い日和だね」

 トアン:「実は、ちょっと面白い、夢を見たんだけどね。聞くかい?」

 ファストリック:「・・・そういう話は、エミリエにでも、話してやってくれよ」

 エミリエ:「なぁに?聞かせてよ」

Sims012_019_011_10

 こちらは、スターティ・シムテリアこと、スタちゃんですね。
 公園を、お散歩しております。

 スタちゃん:「気持ちイー」

Sims012_019_011_12

 ネジロちゃん以外は、全員、公園に居るようですね。
 多分、ネジロちゃんも公園に行っていたのでしょうけど、帰ってきたのだと思います。
 非アクティブの時は、大体、固まって移動してますからねー。
 キッズ番組を見て興奮しておりますね。

 ネジロ:「Yes! Yes!」

Sims012_019_011_14

 スタちゃん:「高いタカーイ!」

 トゥーイ夫妻の息子であるアドベン君を、あやしてくれていますね。

 んー・・・右側のブランコに居るのは・・・。

Sims012_019_011_15

 デモン家のデビタンですね!

Sims012_019_011_16

 楽しそうですねー。
 向こう側のブランコには、パルナスさんが見えますね・・・おや?

Sims012_019_011_17

 激しく、こがれているブランコの間に、見覚えのある服のシムが・・・。

Sims012_019_011_18

 元祖シムのスターティこと、スタさんですね!
 危ない!w

 スタ:「当たらなければ、どうと言うことは無い!」

 ・・・まぁ、当たりはしないのでしょうけど・・・。

Sims012_019_011_19

 スタ:「アドベン君が、放置されてますよう」

 そのようですね。

Sims012_019_011_20

 スタ:「ちゃんと面倒見てあげてくださいー!」

 スタちゃん:「わかってますよう」

 すれ違いスタ。

Sims012_019_011_21

 その頃、ネジロちゃんは、「1000シムオリオンの何かを買いたい!」と願っておりました。

Sims012_019_011_22

 残念ですけど、世帯資金の残金が、1700シムオリオンしかないので、買えません。
 つーか、この家の維持できるのでしょうか!?

Sims012_019_011_23

 ネジロ:「大丈夫!わたしのパパは凄いんだぞー。副社長なんだから!」

 同級生:「へー」

 トアン:「ハハハハ」

Sims012_019_011_24

 立派な子供部屋で、スタちゃんとネジロちゃんはオネムです。
 家の外観は丸太づくりなんですけど、中は結構豪華に見えますよね。

Sims012_019_011_25

 トアン:「おや?奥さん!アドベン君が泣いてますよ」

 エミリエ:「そうねー」

Sims012_019_011_26

 トアン:「そうら。もう寝ようねー」

 エミリエ:「あら、ありがとう、副社長」

Sims012_019_011_27

 ・・・なんか・・・その・・・トアンさんを顎で使ってませんか?

 エミリエ:「そんなこと、ないわよ」

Sims012_019_011_28

 ファストリック:「ふー、やっとシノギが終わったぜー」

Sims012_019_011_29

 ファストリック:「我が家へ凱旋だ! やぁ立派な屋敷だよなー!副社長さまさまダゼー!」

Sims012_019_011_30

 そう言えば、気になっていたんですけど・・・
 なぜ、フレスメル家と、一緒に住むことになったんですか?

 ファストリック:「それは、言えねぇなー」

 ・・・なにかが、引っ掛かりますねー。

Sims012_019_011_31

 それは兎も角、アドベン君の誕生日のようです。

Sims012_019_011_32

 トアン:「さて、稼いでくるか」

 どの仕事でも、時給で、かつ、日払いというシムの町。

Sims012_019_011_33

 副社長と言えども同じです。
 家の維持は大変ですから、頑張ってくださいー。

Sims012_019_011_35

 ネジロちゃんと、スタちゃんは、高校へ行きます。
 勉強頑張ってネー。

Sims012_019_011_36

 改めて、アオリ視点でみると、デカイ家ですねー。
 うーん・・・。

Sims012_019_011_37

 うん? なんだろう。 ポチット。

Sims012_019_011_38

 あー、そう言う意味でしたカー。
 ハハハハハ・・・。

Sims012_019_011_39

 トアン:「なんか、失敗したような・・・」

 なんだか、すみません。

Sims012_019_011_40

 ちょっと、どうなるカナーと思いまして、普通でしたね。
 まぁ、トアンさんは、「不運」特質なので、これもまた・・・。

Sims012_019_011_41

 とりあえず、バースデーしましょう。

Sims012_019_011_42

 ネジロ:「パーティ始まる前に、宿題済ませなきゃ」

 スタちゃん:「そうそう」

Sims012_019_011_43

 スタさんも、ご招待しました。
 アリシェリッタと会話してますねー。

Sims012_019_011_44

 うわー!なんか、ちゃんとしたパーティの雰囲気ですね!
 内装が豪華だからでしょうか!
 とてもお上品な雰囲気です!

Sims012_019_011_46

 ・・・相変わらず、非アクティブの時は、仕事をさぼっていたようです・・・
 エミリエさん・・・。

Sims012_019_011_47

 ハイドさんも相変わらず、玩具で遊んでますね。

Sims012_019_011_48

 おっと!雰囲気が、あまりにも良い感じでしたので、誕生日のことを忘れてました。
 お客様が帰り始めてしまいましたよう。

Sims012_019_011_49

 エミリエ:「あわわ・・・さぁ、アドベンの誕生パーティしますよー」

 なんとかお客さまも残っておりますね。

Sims012_019_011_50

 赤ちゃんなので、自分ではロウソクの火を消せませんから・・・
 アドベンを抱いた、エミリエさんが吹き消してくれました。

 さて、アドベン君を、床に置いて・・・

Sims012_019_011_51

 キラキラキラー・・・変身ッ!

Sims012_019_011_52

 成長完了!
 ・・・まぁずっと放置しておりましたので・・・過酷な生い立ちだったようです!
 増えた特質はランダムで決まりました。

Sims012_019_011_53

 とりあえず、おめでとうございます!

 ・・・うーん、家が良いと、絵になりますねー。

Sims012_019_011_54

 パーティは、最高の出来だったようです。

Sims012_019_011_55

 トアン:「次は、医療関係の仕事にでも就こうかな・・・」

 トアンさんは、再就職を、考えてるようです。
 トゥーイ夫妻の儲けでは不安ですしね・・・。

 星忍も、最近、再就職先が決まりましたけど・・・ちゃんと働いてくださいね。
 わたしの、おやつ代の為にも!

Sims012_019_011_56

 トアン:「さて、新聞を・・・おや? デモン家が、家を変えたようだぞ?」

 えー! かぼちゃハウスを出てしまいましたかー。
 どの家に引っ越したんでしょうね・・・。

Sims012_019_011_57

 あ、うっかり、ずーっとセーブしてませんでしたよう。
 このゲーム、エラーが出たり、ダウンしたりが多いので、コマめにセーブしないと・・・。
 なんか、メモリ解放も地味にダメっぽいですしねー。

 こんなにエラーの多いゲームは初めてですよ!モー!
 まぁ、それでも遊ぶのは、それだけ面白いってことなんですけど。

 さて、セーブセーブ!

Sims012_019_011_58

 チュンチュン・・・。

Sims012_019_011_59

 トアン:「・・・と、いう感じの夢を見たんだよ。ハハハ!」

 エミリエ:「副社長を、辞めたら駄目よねー。夢で良かったわー」

Sims012_019_011_60

 スタ:「毎度おなじみの、エラー12とか」

 13か、14か、15か・・・

Sims012_019_011_61

 スタ:「なんらかの不具合で、セーブできませんでスター!」

 アドベン:「キャッキャ!」

 こんちくしょー!(爆)
 ・・・と、いうわけで、この記事の最初辺りに戻ってしまいました!(爆)

 エラーが出てセーブできないので、一旦ゲームを落として、再起動。
 ロードして、ゲームが動いたら、セーブのテスト・・・今度は出来ましたので、データは壊れてないようです。

 モー!(ぷんすか)

Sims012_019_011_62

 トアン:「いやー、夢で良かった」

 貴方にとっては運が良かったのかもしれませんねー。
 貴方って、本当に、「不運」特質なんですか?

Sims012_019_011_64

 警察官:「こらー!アナタ、高校生でしょう!門限過ぎてますよ!」

 スタちゃん:「ナヌー?」

Sims012_019_011_65

 警察官:「ほら、はやくしなさい!」

 スタちゃん:「はいはいー」

 スターティ・シムテリアこと、スタちゃんは、補導されてしまいました。
 お守中のアドベン君を抱いて、パトカーに向かいます。

Sims012_019_011_66

 警察官:「じゃあ、いくわよ」

 スタちゃん:「はーい」

 ・・・って、ちょっ!アドベン君は!?
 置いて行くのですカー!?

Sims012_019_011_67

 スタちゃん:「大丈夫!ベビーシッター出張サービスがあるから!」

 ・・・ナヌー!?・・・そういう問題じゃないってバ!(爆)

Sims012_019_011_68

 トアン:「そうだよ!何を考えてるんだ! お守失格だーッ!」

 スタちゃん:「エー!?マジで?」

 てっきり・・・
 トゥーイ夫妻が、トアンさんを騙すか弱みを握って、家を買わせて同居したのかと思っていたんですけど・・・。

 そうじゃなくて・・・もしかして・・・
 近所に住んでいた、トアン氏が、トゥーイ家の惨状を、見ていられなくなって・・・
 同居を誘ったのではないか?・・・と思い始めてしまいました・・・。
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────

トゥーイ家(その12)に、進む。
ウェインライト家(その3)に、戻る。
トゥーイ家(その10)に、戻る。
フレスメル家(その9)に、戻る。
目次に戻る。





|

« シムズ3:ウェインライト家(その3)「復活?ボイド氏」 | トップページ | シムズ3:トゥーイ家(その12)「改めてアドベンの誕生日!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:トゥーイ家(その11)「トゥーイ家とフレスメル家」:

« シムズ3:ウェインライト家(その3)「復活?ボイド氏」 | トップページ | シムズ3:トゥーイ家(その12)「改めてアドベンの誕生日!」 »