« シムズ3:ソウル家(その11)「プロポーズ」 | トップページ | シムズ3:ソウル家(その13)「アリシェリッタとスランプ家」 »

2010.05.25

シムズ3:ソウル家(その12)「アリシェリッタの副収入」

Sims009_017_012_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「ソウル家(その12)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★ソウル家周辺は、このようになってます・・・真っ暗でスミマセン。
 ソウル家は、インスター家の正面にあるL字の家ですねー・・・

Sims009_017_012_3

 ハリケイン:「んじゃ、仕事に行ってくるぜ」

 アリシェリッタ:「んー。頑張ってネー」

Sims009_017_012_6

 息子のアルフレド君も、登校していきました。

 アリシェリッタ:「食べてから寝ようっと」

 ガシャーン!・・・外が何やら騒がしいですね。

Sims009_017_012_7

 新聞配達の子供が、外に並んでいる飾り鳥を、蹴飛ばしまくってました!
 何をするだー!!

Sims009_017_012_8

 アリシェリッタ:「気になってたら、焦げちゃったじゃないのサー。モー」

 適当な食べ物を冷蔵庫から出して食べて寝ました。

Sims009_017_012_10

 お仕事からハリケインが、帰宅してきました。

 ハリケイン:「ふー、本日も平和だな」

Sims009_017_012_11

 ハリケイン:「あれ? パソコン壊れてるじゃねぇか」

 直してもらおうと思ったんですけど、疲れすぎて直せないので、修理屋さんに、お電話です。

Sims009_017_012_12

 お昼寝な、お二人。

Sims009_017_012_13

 一人で遊ぶアルフレドくん。
 そう言えば、最近、友達と一緒の下校してくるというシーンを見ませんね。

Sims009_017_012_15
 
 
 アリシェリッタ:「ぅわっ!

 アルフレド:「ぎゃあ!」

Sims009_017_012_16

 アルフレド:「もー!ママ、やめてよー!」

 アリシェリッタ:「ゲラゲラw」

Sims009_017_012_17

 アリシェリッタ:「おっと!副収入副収入・・・」

 リバーさんから、「テレビ壊れて直せないのよ。直せる?」という、チャンスを頂いておりましたので、直しましょう。

Sims009_017_012_18

 そして、器用スキルがついでに上がるわけですが、スキルが上がると、調子に乗って、どんどん、オブジェクトのアップグレードをしたいと思うのが、シム的思考。
 シム達の思考って、ポジティブですよね。

 アリシェリッタ:「止まらヌー」

Sims009_017_012_19

 あいらびゅーん!

 婚約ホヤホヤなので、ラブラブだったりもします。

Sims009_017_012_23

 翌朝でーす。

Sims009_017_012_24

 アリシェリッタ:「さてー。 テレビ届けに行こうっと」 シャカシャカ

Sims009_017_012_25

 アリシェリッタ:「ないすつーみーつー」

 フィオナさんに、御挨拶。
 ・・・太りましたね。

Sims009_017_012_26

 とりあえず、フィオナさんを侮辱する、アリシェリッタ。
 困った子ですネー。

Sims009_017_012_27

 サンディちゃんとも、お話します。
 いつの間にやら、ティーンになってました。

 ・・・というか、なんか・・・鼻が・・・すごいかも。

Sims009_017_012_28

 リバーさん、居ました!
 では、報告致しましょう。

Sims009_017_012_29

 ・・・あ・・・あれえ?
 ・・・どうやら、テレビを直し切れて無かったようです。
 アリシェリッタってバ、途中で飽きて中断してたッぽい!

Sims009_017_012_32

 ハリケイン:「ん? 誰か町を出て行ったようだな・・・誰だ?」

 ・・・バリー家ですか。 私も、知らヌ

Sims009_017_012_33

 夜になったので、皆さん、オネム。

Sims009_017_012_35

 実は昼寝もしていたので、アリシェリッタは深夜に起床しました。

 アリシェリッタ:「息子は、ちゃんと寝てるかなー」

 寝ていますよう。

Sims009_017_012_36

 それよりも、テレビジョンを直しましょう。

 アリシェリッタ:「面倒くせー」

Sims009_017_012_37

 アリシェリッタ:「直った、届けようー」 ブロロー

Sims009_017_012_38

 入れてもらえませんでした。
 そりゃそうかw

Sims009_017_012_39

 リバーさんちの近所にある、「踊るバルキリィ亭」で、時間をつぶしましょう。

Sims009_017_012_40

 アリシェリッタ:「なんか、食べよう・・・」

Sims009_017_012_42

 アリシェリッタ:「そういえば、今って、誰も居ないな・・・」

Sims009_017_012_43

 テーブルのランプを盗んでおりました!

Sims009_017_012_44

 ゲームで時間をつぶします。

Sims009_017_012_45

 アリシェリッタ:「そろそろカナー」

Sims009_017_012_47

 再び、シングルママ世帯へ、行き、リバーさんと会話します。

Sims009_017_012_48

 無事、お届け出来ました!
 副収入ゲットだぜ!・・・的ナ。

Sims009_017_012_49

 時間も体力も、そこそこあるような感じでしたので、そのまま、お出かけすることにします。
 ぶろろろーん

Sims009_017_012_50

 スランプ家に来てみました。
 元カレのセンベーさんと、その娘のアラルちゃんが、住んでおります。

Sims009_017_012_51

 ないすつーみーつー!

Sims009_017_012_52

 アリシェリッタ:「早速で悪いんだけどサー。お金くれない?」

 センベー:「ぇえー・・・いきなり、ソレかい!」

Sims009_017_012_53

 アリシェリッタ:「お金じゃなくても良いわよー。宝石とかサー」

 センベー:「ぇえー?」

 おや?アラルちゃんが、やってきましたね。

Sims009_017_012_54

 アラル:「んちゃー!」

 アリシェリッタ:「へっ!?」

Sims009_017_012_55

 アラル:「ぎゃーぎゃー!」

 アリシェリッタ:「ちょっ! ええ? ナニコレ!」

 ・・・なんか、大騒ぎしてますね。
 センベーさん逃げ出した。

Sims009_017_012_56

 アリシェリッタ:「わかったわかった。アンタ、エネルギーが有り余ってんのヨ。 二階のルームランナーで鍛えてあげるわ。先に上に行ってなさい」

 アラル:「ほーい」

Sims009_017_012_57

 アリシェリッタ:「あ、眠くなってきた。 アンタのベッド借りて良い?」

 センベー:「良いけど・・・アラルを鍛えるんじゃ?」

Sims009_017_012_58

 アラル:「ほよっ!?」 ずるずべ

Sims009_017_012_59

 アリシェリッタ:「高校生と言っても、ガキよねー。子供は単純でイイワー」

 Zzz・・・
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────

ソウル家(その13)に、進む。
ソウル家(その11)に、戻る。
目次に戻る。





|

« シムズ3:ソウル家(その11)「プロポーズ」 | トップページ | シムズ3:ソウル家(その13)「アリシェリッタとスランプ家」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:ソウル家(その12)「アリシェリッタの副収入」:

« シムズ3:ソウル家(その11)「プロポーズ」 | トップページ | シムズ3:ソウル家(その13)「アリシェリッタとスランプ家」 »