« シムズ3:ジョリーナ家(その3)「豪邸!」 | トップページ | シムズ3:ウェインライト家(その1)「悲劇のスーザン」 »

2010.05.28

シムズ3:ジョリーナ家(その4)「幸福な家庭と不幸な家庭」

Sims008_017_004_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「ジョリーナ家(その4)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★ジョリーナ邸から見える海の風景です。
 朝焼けの中、涼しい海風が吹いてるのでしょうねー・・・

Sims008_017_004_2

 反対側には、モスクワ邸も見えますね!
 モスクワ邸に住んでいるシム(ハラン、パルナス、スターティ)は贔屓にしておりますので、なんだか、ウキウキ致します。

Sims008_017_004_3

 ハイドさんと、ディオンネちゃんはオネム中。

Sims008_017_004_4

 ジャミーさんは、もう起きてますね。
 パソコンで、チェスをしております。

Sims008_017_004_5

 タム:「ママ、おはよう」

 ジャミー:「わっ!びっくりした!」

Sims008_017_004_6

 おっと!登校時間と出社時刻になったようですね。
 タムくん、ジャミーさん、いってらっしゃいー!

Sims008_017_004_7

 無職のハイドさんは、朝から、テラスでオーディオを鳴らして踊っておりました!
 良い身分ですね!

Sims008_017_004_8

 ハイド:「んー・・・でも、そろそろ働きたいかなと思ってるのだよ」

 ・・・け、警察ですか・・・まじデ?

Sims008_017_004_9

 ちょっと、パルナスさんに何か言われたんじゃないでしょうねー?

 ハイド:「おっと、ディオンネが泣いてるぞ」

Sims008_017_004_10

 ディオンネ:「ばぶぶ(クチャイ、クチャイノヨー!)」

 オムツですねー。ハイドさんは、これに気がついたのですね。

Sims008_017_004_11

 特に指示しなくても、ハイドさんは、フリーウイルで、オムツも換えてくれます。
 ラクチンですね。

Sims008_017_004_12

 ミルクも与えてくれます。

Sims008_017_004_13

 なぜか緑色なアメリカーンのミルクです。
 アメリカーンのゲームですからね!

 ちゅーちゅー

Sims008_017_004_14

 ご満悦w

Sims008_017_004_15

 お腹がいっぱいになったら、全速力でハイハイ!

Sims008_017_004_16

 大好きなテレビに、かじりつきです。

Sims008_017_004_17

 ハイド:「さてと・・・新聞でも読むか」

 新聞は、フリーウイルでは読まないので、指示して、たまに読ませます。
 他のシムたちの状態が、わかることがありますからねー。

 アメリカーンなので、ポストじゃなくて、地べたに新聞が置かれております。

Sims008_017_004_18

 おや?
 ジョリーナ家が引っ越しした記事が載ってますね!
 住宅価格が底値!とか出てますけど、下がったことなんてないですよねー。

 もしや、非アクティブの時は、安く引っ越したりしているのでしょうか?
 まさか・・・ね。

Sims008_017_004_19

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 
 ええええええええっ!!?

 ブ、ブレア・ウェインライトさんが! カリカリに!!!?

 ブレアさんと言えば・・・
 ハイドさんの元上司である、「スーザン・ウェンライト」さんの娘さんです。
 町でも、結構御見かけしていたシムですよう。

 ショッキング!

Sims008_017_004_20

 先日、お亡くなりになった、バスターさんの記事も載ってますね。
 シムのコメントは、相変わらず、いい加減です。

Sims008_017_004_21

 後は、どうでも良い記事ですねー。

Sims008_017_004_22

 ハイド:「うーん・・・ブレアさんが・・・スーザンさんの一人娘だったのになぁ・・・」

 まぁ、仕方ありませんねー。

Sims008_017_004_23

 ハイド:「俺は、ディオンネの面倒みなくちゃな」

 歩く練習でもさせましょうか!
 オマルや歩く練習、話す練習は、指示しないといけません。

Sims008_017_004_24

 ハイド:「ほら、おいで!ディオンネ」

Sims008_017_004_25

 ぺたむ・・・

 ハイド:「ハハッハ。OKOK!もう一度!」

Sims008_017_004_26

 ハイド:「おっとっと!」

 タム:「ただいまー」

Sims008_017_004_28

 タムくんはシャワーを浴びております。
 ・・・なんだか、帽子をかぶったままなんですけど・・・「非常識」特質だからでしょうか。

 というか、非常識ついてた!

Sims008_017_004_29

 おっと!ディオンネちゃん、歩行をマスターしました!
 おめでとうございます。

Sims008_017_004_30

 ばんざーい!

Sims008_017_004_32

 ジャミーさんも、研修医から、常駐医に、昇格しました!
 おめでとうございます!

Sims008_017_004_33

 意気揚々と、我が家へ帰宅です。

Sims008_017_004_35

 ハイドさんの絵筆も軽やかです。

Sims008_017_004_36

 昇進もしたことですし、メイドさんを雇ってしまいましょうかね!
 ハイドさんが「不精者」なので、家が結構汚いですしね。

 ジャミー:「お願いしますねー」

Sims008_017_004_37

 ハイド:「そろそろ寝ようねー」

Sims008_017_004_38

 ディオンネ:「ぶー( 眠たくナイー )」

Sims008_017_004_39

 夜遅いのに、メイドさんが早速来ました!
 明日からじゃないのカー!

Sims008_017_004_40

 なんだか、ご苦労様です。

Sims008_017_004_41

 ジャミー:「ミルクあげましょうねー」

 ディオンネ:「アーイ」

Sims008_017_004_42

 おつかれさまです。

Sims008_017_004_43

 ディオンネ:「ぶー (眠くナイノダー)」

Sims008_017_004_44

 テレビッ子ですねー。

 ん・・・固定電話が、鳴っています・・・
 嫌な予感が・・・。

 メイドさんが、電話を取ってくれるようです。

Sims008_017_004_45

 メイドさん:「ハイ、ジョリーナです。こんな夜中に、どうしたんですか?」

Sims008_017_004_46

 ボ、ボイド・ウェインライトさんが、餓死!!!!!?

 ボイドさんは、先ほど、カリカリになったブレアさんのお父さんです。

 ウェインライト家は、デフォルトシムの世帯です。
 夫ボイド、妻スーザン、娘ブレアの三人の世帯なのですが・・・。

 スーザンさんは、一気に娘と夫を亡くしてしまったようです。
 一人ぼっちに・・・。

 ・・・というか、一体、ウェインライト家に何が起こったのでしょうか!
 本当に死んでしまったのでしょうか?

 ちょっとMAP上で見てみましょう。
 本当なら、スーザンさん一人になっているはずです。

Sims008_017_004_47

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 
 
 な、ナンダコリャー!?

 誰だ、アンタラー!

 (ちなみに、スーザンさんは、左上のシムです)

 ちょ!・・・これは・・・
 ウェインライト世帯を覗いてみようと思います!
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────

ウェインライト家(その1)に、進む。
ジョリーナ家(その3)に、戻る。
目次に戻る。




|

« シムズ3:ジョリーナ家(その3)「豪邸!」 | トップページ | シムズ3:ウェインライト家(その1)「悲劇のスーザン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:ジョリーナ家(その4)「幸福な家庭と不幸な家庭」:

« シムズ3:ジョリーナ家(その3)「豪邸!」 | トップページ | シムズ3:ウェインライト家(その1)「悲劇のスーザン」 »