« シムズ3:モスクワ家(その3)「モスクワ家の三人」 | トップページ | シムズ3:モスクワ家(その5)「特別捜査官パルナス」 »

2009.10.14

シムズ3:モスクワ家(その4)「食欲のパルナスとハランちゃん」

Sims002_009_004_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて、シムズ3プレイ記事、「モスクワ家(その4)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★モスクワ家には、TVゲームが、ありません。
 パルナスさんの教育方針なのですねー。多分。
 まぁ、買うかもしれないんですが、「ゲーム機を買う」という願望も出さないので・・・

Sims002_009_004_2

 パソコンも、ノートパソコンで、所持品に入れてるので、シムが使いたい時だけ取り出して使う訳です。
 使用の優先順位が下がるのか、ハイドさんは、絵を描くことが殆どですし、ハランちゃんと、パルナスさんは、テレビジョンに釘付けです。

 お陰さまで、会話の絶えない家ですね。

Sims002_009_004_3

 ハイドさんが、「警察に勤めるのも良いなー」と、考えてる模様です。
 うーん、合わない気が・・・と、このときは、思ったのですけど、今考えると、勤めても良かったかもしれません。

Sims002_009_004_4

 本日は、シム時間で、土曜日でして、パルナスさんも、ハランちゃんも、のんびりさんです。
 朝ごはんですねー。

 パルナスさんが、リンゴパンケーキを作ったのに、ハランちゃんも、何か作る気ですね。

Sims002_009_004_5

 ハラン:「あ痛っ!」

 スキルが低いので、危なっかしいです。

Sims002_009_004_6

 ハランちゃんが、作ったのは、「秋のサラダ」という物でした。

Sims002_009_004_7

 食べた後は、お皿を、洗浄機に入れてくれます。
 偉い偉いー。

Sims002_009_004_8

 おっと・・・パンケーキも食べますか。

Sims002_009_004_10

 パルナスさんも、おかわりのようです。
 場所を、ベランダのテーブルに移動して、お食事。

 あー・・・「食べ過ぎ」のムードレットが出てますねー。
 あまり食べ過ぎると、太っちゃいますようー。

 ハランちゃんにも、パルナスさんにも出てました。

Sims002_009_004_11

 お皿を洗って・・・また、食べている・・・

Sims002_009_004_12

 また、おかわりです。

Sims002_009_004_13

 ようやく、終わったかな?
 まぁ、パンケーキと、秋のサラダの大皿2つですしねー。
 ハイドさんは、そのうち、一人分の一皿しか食べてないですよう。
 残りは、冷蔵庫に仕舞ってくれるのかなぁ。

Sims002_009_004_14

 ・・・まだ、食べてました。

Sims002_009_004_17

 ・・・結局、ハランちゃんも、バクバク食べて、大皿2つとも、空になりました!
 絶対太るー!

Sims002_009_004_18

 まだ、食べ足りない感じの、ハランちゃん。
 育ち盛りですか。

Sims002_009_004_19

 ずっと、フリーウイルで、見てるだけでしたが、ハイドさんが、やる気になってきてました。

Sims002_009_004_20

 ハラン:「一体、どういう意図で、ハイドさんを、家に呼んだのかなぁ?」 ちゃぽーん

Sims002_009_004_21

 なにせ、パルナスさんは、「硬派」特質のシムですからねー。
 ラブぃ理由のほかに何かが・・・?

Sims002_009_004_22

 ・・・えーと・・・これは、お漏らしじゃなくて、バスタブが、壊れただけです。

 ホントーです。

Sims002_009_004_24

 無職ですが、ハイドさんにも、儲けて貰おうと思います。
 恋愛小説を書いて貰いましょう。

Sims002_009_004_25

 翌朝ですー。 シム時間で言うところの、日曜日です。
 今日も、朝から、テレビで談話ちゅ。

Sims002_009_004_26

 ハランちゃんは、ティーン恒例の、「ボイラーの修理」を、してきます。
 ボロ学校ですねー。

Sims002_009_004_27

 パルナスさんは、朝ごはんです。
 ハイドさんは、小説の続きを書いて貰っています。
 ・・・ゲームかチャットかも、しれませんが・・・

Sims002_009_004_28

 ハラン:「ただいまー。あー、お腹すいた」

 ハイド:「おかえりー」 もぐもぐ

Sims002_009_004_29

 パルナス:「次の裁判ののアドバイスが欲しいのですが・・・」

 ハラン:「んー、有罪有罪」 もぐもぐ

Sims002_009_004_30

 ハラン:「ちょっと、インスター家に、遊びに行ってくるわよー」 シャカー

 ちょっと、どうなってるか、気になりますしねー。

Sims002_009_004_31

 ハラン:「・・・来る途中で、スタさんを、見たような・・・」

Sims002_009_004_32

 ナニヤッテンダー! スター!

Sims002_009_004_33

 ミンメイさんが、出迎えてくれました。

 ないすつーみーつー!

Sims002_009_004_35

 おや! ハランちゃんの携帯に、スタさんから、電話が入りましたよう。

Sims002_009_004_36

 と、同時に、ハランちゃんの脳裏に浮かぶ、願望・・・

Sims002_009_004_37

 ハラン:「もしもし? へー、あっ、そうなんだー?」

 もじもじ・・・

Sims002_009_004_38

 えーと・・・一方パルナスさんは・・・あれ・・・???

Sims002_009_004_39
 
 
 太ったーッ!(爆)
 
 ハランちゃんは、平気なのにーw
 ティーンは、太らないのカナー? と、このときは、思ったのですが、最近、太ったティーンも見たので、体質なのかもしれませんねー。

Sims002_009_004_40

 と、とりあえず、仲を進展させるために、ハイドさんに指示して、ラブラブ会話を・・・
 ぷにょぷに、パルナスさんですけど、外見じゃ、ないですしね! ですしね!

Sims002_009_004_41

 ぷにぷに

Sims002_009_004_42

 ・・・えーと・・・ちょっと、痩せましょうーね。
 と、いうことで、フィットネスジムへ、来て貰いました。

Sims002_009_004_43

 パルナス:「うぎぎぎぎぎ」 ぎぎぎぎ

Sims002_009_004_44

 パルナス:「きょ、今日は、もう、勘弁して・・・」

 もう、体力が、無かったです・・・。

Sims002_009_004_45

 まぁ、もともと、筋肉質で、スリムなシムでしたから、自然と戻るかもしれませんしねー。
 つーか、食べ過ぎですようー!
 
  
★・・・というわけで、続きますー。

────────────
モスクワ家(その5)に、進む。
モスクワ家(その3)に、戻る。
目次に戻る。

|

« シムズ3:モスクワ家(その3)「モスクワ家の三人」 | トップページ | シムズ3:モスクワ家(その5)「特別捜査官パルナス」 »

コメント

こんなに何度もおかわりする事ってあるんだー!ww

あ…そうか、私のプレイしているモティマーも気づくとすぐぽにょぽにょになっているのでナンデカナー?って思ってたんですが、もしかして私の気づかぬ所でカレーでも流し込んでたのかも知れないでスネー…

なんか一つ謎が解けた気がスタ。

投稿: オハナ | 2009.10.16 11:37

☆オハナ様

 このときは、異常に食べ続けましたよ。
 二皿を食べることは、未だにありますね。
 この家、パソコンを設置してないから、やることが無くて、テレビ見るか、食べることしかないからかも?
 パルナスや、ハイドは、パソコンを、所持欄に、入れてるのですけどね。

投稿: SA.星忍冒険 | 2009.10.16 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:モスクワ家(その4)「食欲のパルナスとハランちゃん」:

« シムズ3:モスクワ家(その3)「モスクワ家の三人」 | トップページ | シムズ3:モスクワ家(その5)「特別捜査官パルナス」 »