« シムズ3:インスター家【2期】(その18)「ダン、何処へ・・・」 | トップページ | シムズ3:メサルティム家(その1)「エリヤ再び」 »

2009.10.08

シムズ3:シングルママ達(その1)「さらば、ダン!」

Sims004_009_001_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・今回は、インスター家ではなくて、ダン・ジョンゲッターさんの様子を見てみようと思います。
 シムズ3プレイ記事「インスター家【2期】(その18)」からの続きで・・・
 シムズ3プレイ記事「シングルママ達(その1)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★というわけで、デフォルト世帯の「シングルママたち」です。
 この家自体は、フィオナさんの家でして、娘さんの、リバーさんと、2人暮らしだったそうです。
 でも、お友達のモリーさんが、自分の赤ちゃんである、サンディを連れてきて、住みこみ始めました!
 ・・・という、ストーリーの世帯なんですねー。

 デフォルト世帯というのは、最初から用意されていて、町に住んでいるシムの世帯のことを指します。

 このように、ザ・シムズ3の本来の遊び方は、デフォルト世帯に設定されたテーマを、どう解決していくか?というものなのですね・・・ 

Sims004_009_001_2

 そんな、デフォルト世帯に、転がりこんでしまった、ダン・ジョンゲッター、その人。

Sims004_009_001_3

 下着? じゃなくて、寝間着姿で、近づいてきたのは、フィオナさんの娘のリバーさんです。

Sims004_009_001_4

 ダン:「ええと、これからよろしく。 俺は、本に詳しいんだ」

 リバー:「へぇー。よろしく」

Sims004_009_001_5

 辺りを見回すと、なんだか、キッチンには、作りかけの料理が散乱していて、食べた後のお皿も、そのままです。
 ダンは、フリーウイルで、掃除を開始しました。

Sims004_009_001_6

 なんだか、トイレも、壊れて漏れてました・・・。

Sims004_009_001_7

 サンディが、お腹をすかせてたので、ご飯を上げています。

Sims004_009_001_8

 オシメも、交換します。
 シムズ3のオシメ交換は、空中でシュパッ!とやります。

 ・・・というか・・・フィオナさん・・・恋人とかで無くて、家政夫が、欲しかったのでは・・・

Sims004_009_001_9

 リバー:「・・・そんな、はずないじゃない?」

 サンディ:「ばぶー (はずないでちゅー)」

 ・・・・・・。

Sims004_009_001_10

 そうですよねー。
 「綺麗好き」特質のリバーさんが、いるのに、まさか、そんな・・・

 リバーさんは、シムのスターティが、好きなようですねー。
 最近は、インスター家に、遊びに来ないけれど、学校では、会ってるでしょうしね。

Sims004_009_001_12

 モリー:「どうしよう。もう、お金が無いわよ・・・」

 「お金の心配をする」という行動を起こす、モリーさん。
 ・・・確かに、この世帯の資金は、約400シムオリオンしかありません・・・。

 引っ越しをする際に、アクティブ世帯を、インスター家にしたので、一旦、0シムオリオンになったからでしょうね!
 すみません。

Sims004_009_001_13

 リバー:「大丈夫よ大丈夫!」

 励ますリバーさん。
 まぁ、シムたちの給料は、日払いなので、フィオナさんと、ダンとで、直ぐに、稼いでくれますよう。

 ・・・そういえば、モリーさんてば、無職なんですよね・・・

Sims004_009_001_14

 フィオナさんと、ダンは、とても仲良しさんです。
 でも、イチャイチャは、しない様子。

Sims004_009_001_15

 色んな問題を抱える世帯ですが、赤さんには、関係ありません。

 サンディ:「バブー」

Sims004_009_001_16

 ダンも、なんだか、凄い嬉しそうだし、これで、良いのだ?

Sims004_009_001_17

 事業部長のダンですが、なにやら、電話で、知らせがありました。

Sims004_009_001_18

 なんと! 投票で、「地元代議士」に、選ばれたそうです!
 いつの間に!?

 ええーと・・・えーい! 受けて立ちましょうー。

Sims004_009_001_19

 ・・・というわけで、「事業部長ダン」改め、「地元代議士ダン」の誕生です!

Sims004_009_001_20

 政治キャリアには、魅力スキルが大事なはずのですので、スピーチの練習を行います。

Sims004_009_001_21

 ちなみに、フィオナさんの職業は、「編集長」です。
 ジャーナリストキャリアでも、かなり上のランクです。

Sims004_009_001_22

 リバーさんが、絵を描きたがっていたので、イーゼルを購入して設置しました。
 「芸術家肌」特質ですのに、イーゼル無かったんですねー。

Sims004_009_001_23

 ダン:「よーし、サンディ!俺は、やるぜッ!」

 サンディ:「ばぶー?(なにを?)」

Sims004_009_001_24


 「選挙資金調達パーティ」開催!

 地元代議士は、選挙資金を集めることが、昇進の近道なのです。

Sims004_009_001_25

 ダン:「ちゃんと、お金集まるかなぁ・・・」

 モリー:「大丈夫よ!わたしも、協力するからさ」

 なんだか、お金のことで心配するダンと、励ますモリーさん。

Sims004_009_001_26

 会場は、ビーチで、ドレスコードは、水着です。
 つまり・・・「選挙資金調達 水着 パーティ」です!

 ポロリもあるカモー? (ありませんー)

Sims004_009_001_27

 相変わらず、人が多くて、プチぱにくるので、なにもできません。
 ダン、(フリーウイルで)がんばってー。

Sims004_009_001_28

 しばらく、わいわいやってると、お客が、帰宅し始めました。
 感想を述べつつ、選挙資金を、寄付してくれます。

 このお金は、イベント用のようで、各世帯の資金は減らないようですね。
 勿論、ダンの懐にも入りませんよう。 選挙資金ですしね。

Sims004_009_001_29

 省略はしてますけど、こうやって、次々と、寄付してくれました。

Sims004_009_001_30

 ミンメイさんが、奮発してくれましたね。
 平均3,000シムオリオンくれてたのが、彼女は、約5,000シムオリオン!
 そういえば、ダンと、ずっと、喋ってましたしねー。
 マイナス発言も出てたはずですけど・・・。

Sims004_009_001_31

 今回の最高寄付金額6,000シムオリオンは、エリヤさんです!
 これは、多分、モリーさんの接待のおかげですね。
 なんだか、イチャイチャしてましたよう!

Sims004_009_001_32

 パーティは、大成功です!
 ダンは、あまり、インスター家に居なかったので、幸福ポイント特典とか、あまり持ってなかったんですけど、凄いですねー。

 これで、昇進間違いなし!

Sims004_009_001_33

 ダン:「やったぜ、サンディー! HAHAHAHA!」

 サンディ:「ハァーイ♪」

Sims004_009_001_34

 ダンと、フィオナさんは、特に、イチャイチャしてないのに、一緒のベッドに寝れるくらい、仲が良いようです。
 家族でもない限りは、同じベッドに寝れない筈なので、なにか、フラグが立ってますねぇw

Sims004_009_001_35

 リバー:「ダンさんと、お母さんは、結婚するのかなぁ・・・」
 
 
 そうかもしれませんねー・・・と、思ってたんですけど・・・

 シム時間で、数ヵ月後、ダンは、謎の失踪を遂げてしまうのです。
 影も形も無く、このサンセットバレーの住人の誰の記憶からも消えてました!

 実は、この後、少し遊んで、世帯を切り替えて、この世帯は、非アクティブにしてたんですよ。

 ・・・で、シム時間で、数ヵ月後に、とある、世帯のシムが、居なくなってることに気がついて、町の編集画面で、世帯情報を確認すると、ダンが、消えてたんですね。

 シングルママ世帯に、切り替えて、確認してみても、確かに、居なくなってたのです!

 ダンだけではなくて、2人ほど、他の世帯でも、謎の失踪がありました。

 さらに、シム時間で、数ヵ月後のプレイの後、新聞記事に、あるシムの「溺死事故」の記事が載ってまして、そのシムを確認すると、居なくなってました。

 ・・・なので、ダンは、事故死したのかもしれません。
 他のレビューサイトを見ると、シムは、死ぬと、お墓か、骨壷が残るようなのですが、その記事のシムを含めて、失踪したシム達の、骨壷や、お墓を見つけることができませんでした。
 見落としてなければですけど!

 新聞記事などの、証拠が無いので、事故死したのか、町を出て行ったのか?
 それは、謎のままとなりそうです。 シムは、語ってくれませんしねー。
 事件直後なら、シム同士の噂話や、新聞で知れたかもしれないのですが・・・

 とりあえず・・・さようなら、ダンーッ! 面白い人生でしたよー!
 
  
★・・・というわけで、続きますー。

────────────
メサルティム家(その1)に、進む。
シングルママ達(その2)に、進む。
インスター家【2期】(その18)に、戻る。
目次に戻る。

|

« シムズ3:インスター家【2期】(その18)「ダン、何処へ・・・」 | トップページ | シムズ3:メサルティム家(その1)「エリヤ再び」 »

コメント

なんと!ダンさんが…

惜しい人を…というか、そういうこともあるんですね…

もしかしたらその内、私のシムもどこかへ消えてしまうかもしれないんだな…そう思ったら、読みながら切なくなりました。

でもきっと、どこか別の場所でダンさんは生きてますよ!

投稿: オハナ | 2009.10.08 17:48

☆オハナ様

 こんにちはー。
 最初は、「???」と思ってましたよー。
 なんか、数名、消えてますし!
 シム単独で町を出るのカナー?と思ってました。
 加齢進行を止めて結構経っていたので、こうなる確率が高くなっていたのかもしれませんね。
 バグじゃなければ!w

 ダンですが・・・最近作った、ティーンをサンセットバレーに連れてくるために、彼を保護者にしたので、現在は、舞い戻ってきております(爆)
 まぁ、彼自身の記憶やスキル、人間関係とかはリセットされちゃってるのですけどw

投稿: SA.星忍冒険 | 2009.10.08 20:51

おお!ダンさん復活ですね!
あ~よかった~w
今度はどんな活躍をするか、地味に見守ってますよw

私もずーっと今の世帯が楽しくて、ずっと加齢進行を止めてるので…これを戻した時に、何か事件が勃発するかも知れませんね…心して街を見張っておきます。むむむw

投稿: オハナ | 2009.10.08 22:56

☆オハナ様

 お互い、地味に見守りましょう。
 今は平和ですねーw
 ウチのサンセットバレーは、パッチ更新前からあるせいか、なんだか、ヘンなのかもしれませんけれどー。
 願望達成時の音楽も鳴らないし!むむむw

投稿: SA.星忍冒険 | 2009.10.09 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:シングルママ達(その1)「さらば、ダン!」:

« シムズ3:インスター家【2期】(その18)「ダン、何処へ・・・」 | トップページ | シムズ3:メサルティム家(その1)「エリヤ再び」 »