« シムズ3:インスター家(その79)「ブレンダさん、登場!」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その81)「スランプルームのベッド問題」 »

2009.09.11

シムズ3:インスター家(その80)「ブレンダさんと、インスターの面々」

Sims001_006_080_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「インスター家(その80)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★シム時間で、日曜日です!
 目覚めると、ハイドさんが、人形で遊んでおりました・・・

Sims001_006_080_2

 アラルちゃんは、ミモトさんが、作って置いておいた、ワッフルを手に取り、お食事です。

Sims001_006_080_3

 ミモトさんは、とっくに食べ終わっていて、居眠り中。

Sims001_006_080_4

 食事後、アラルちゃんは、日光浴です。
 他のシムが、しないことを、この子は、しますねー。

Sims001_006_080_6

 ブレンダ:「わぁ♪ ワッフルだ!」 パチパチ

 この、ワッフルは、センベーさんが、作った、ワッフルです。
 ミモトさんのは、もう、冷えちゃったのかな?

 ブレンダさんは、ワッフルが、好物なので、はしゃいでますねー。

Sims001_006_080_7

 ブレンダ:「わたし、絵の勉強をしようと思うんです」

 ブレンダさんは、確か、芸術の特質を、持っていたように思います。

Sims001_006_080_8

 センベー:「うーん・・・、ワシ、絵描きのことは、ちょっと・・・」

 あらら、不評だったご様子。
 そういうことは、ハイドさんに、聞いてくださいー。

Sims001_006_080_9

 センベー:「ワシ、絵を、見るのは、好きなのだが・・・」

 ブレンダ:「うわー!この、ワッフル、美味しい! センベーさん、天才!」

 ブレンダさんは、ワッフルに、夢中です。

Sims001_006_080_10

 食後の、シャワーならぬ、スプリンクラー

Sims001_006_080_11

 ミモトさんに、誘惑され中の、センベーさん。

Sims001_006_080_12

 センベーさん、人気者ですね。
 ・・・というか、ハイドさんの方は、パソゲーしてたり、絵を描いていたりで、話しかける、隙が無いってことも、あるのでしょうけれどねー。

Sims001_006_080_14

 そんな、ハイドさんですけど、小説を沢山書いてたので、毎週、印税が入ります。
 儲けてくださいー。

Sims001_006_080_15

 他のシム日記サイトを見て、スプリンクラーを、「自動散布」に、改造できることが分かりました!
 今までは、出しっぱなしか、エリヤスプリンクラータイムで、散布していたのです(爆)。

 自動散布機能に改造すると、毎朝5時に、定期的にスイッチが入り、水をまいてくれるらしいです。
 どうも、水を出しっぱなしにしてると、根が腐る設定があるようなのですよねー。

 腐りまくってました!

Sims001_006_080_16

 ブレンダさんは、スプリンクラーで、汚れた身体を、洗っておりました。

Sims001_006_080_17

 シムのスターティが、ブレンダさんに、音楽について、熱心に、語っております。

 アラルちゃんが、ゲームしてる、テレビの前で!w
 でも、平気で、ゲーム出来るのが、シムですね。

Sims001_006_080_18

 アラル:「・・・チェスしようかな・・・」

 やはり、邪魔だった様な、気がします。

Sims001_006_080_19

 ブレンダさんの、生涯願望は、「完璧なる庭園」でした。
 そういえば、そうでしたね。
 音楽関係じゃなかったんですねー。

Sims001_006_080_20

 幸い?、スプリンクラーで遊びに庭に来るので、すぐに、ガーディニングできますね。
 究極の植物の作り方が、わかりませんけれどね!w
 (※今は、なんとなく、わかるのですが・・・)

Sims001_006_080_21

 ハイドさんの、スプリンクラー改造が、終わったようです。4,5個ありましたからねー。
 もう、辺りは、真っ暗け!

 ・・・なんか、楽しそうですね。

Sims001_006_080_22

 視線の先には、ブレンダさんが!!!

Sims001_006_080_23

 ブレンダ:「ちょっと、スタさん、聞いてよ。 ハイドさんって、エッチな人?」

 スタ:「うーん・・・、あの人、□リコンだから・・・って、それは、星忍かー」

 シムの世界に、□リコンは、居ませんからねー。

Sims001_006_080_24

 ブレンダさんは、美人さんですからねー。
 でも、ハイドさんって、女性には、興味が無さそうなんですよねー。

 まぁ、シムの恋愛に、容姿は、まったく影響しないのですけどね!w

Sims001_006_080_25

 ブレンダ:「うわっ、ナニコレ?」

 あー、誰か、壊しちゃったんですねー。

Sims001_006_080_26

 一生懸命、床を拭いてくれてますけど、蛇口を、なんとかしないと・・・

Sims001_006_080_27

 近くにいた、センベーさんに、修理を、指示しました。

Sims001_006_080_28

 安心した、ブレンダさんは、スプリンクラー・・・じゃなくて、ガーディニングで、汚れた、体を、洗っております。

Sims001_006_080_29

 ブレンダ:「あなたの、パパって、頼りになるわね」

 アラル:「パパって、パソコン? つおい?」

Sims001_006_080_30

 ブレンダ:「パパじゃなかったっけ?」

 パパです。

Sims001_006_080_31

 ブレンダ:「さて・・・もういっちょ、いくか!」

 ・・・。

Sims001_006_080_32

 寝る前に、お風呂の、アラルちゃんです。

 アラル:「キモチイー」

Sims001_006_080_33

 センベーさんは、ご就寝・・・

Sims001_006_080_34

 ・・・って、そのベッドは、違いますよう。

Sims001_006_080_35

 叩き起して、センベーさんのベッドに寝るように、指示しました。

Sims001_006_080_36

 ・・・・・・アラルちゃんは・・・まぁ、いいです・・・そこで。

Sims001_006_080_37

 ミモト:「なによ、これ! ビショビショじゃない!」

 あー・・・すみませんね。
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────
インスター家(その81)に、進む
インスター家(その79)に、戻る。
目次に戻る。

|

« シムズ3:インスター家(その79)「ブレンダさん、登場!」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その81)「スランプルームのベッド問題」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:インスター家(その80)「ブレンダさんと、インスターの面々」:

« シムズ3:インスター家(その79)「ブレンダさん、登場!」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その81)「スランプルームのベッド問題」 »