« シムズ3:インスター家(その69)「パルナスの時間外勤務」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その71)「パルナスとミモトの昇進パーティ」 »

2009.09.01

シムズ3:インスター家(その70)「暖炉燃える(パルナスも)」

Sims001_006_070_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「インスター家(その70)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★インスター家のリビングルームです。
 ちょっと暗いですけど(消灯時間でしたので)w

 いやー、アイテムが、結構増えましたよね・・・

Sims001_006_070_4

 スタ:「快適快適ー」

 朝風呂で余裕な、シムのスターティ。

Sims001_006_070_5

 ハイドさんは、職場にて、「科学博覧会」での講演した事を報告しておりました。

Sims001_006_070_6

 スタ:「学校行ってきまーす!」 シャカー

 もう、お昼ですよ!

Sims001_006_070_7

 この白衣の人は、パルナスさんです。
 お医者さんじゃないですよう。
 パルナスさんは、現在、「三重スパイ」なのです!

 変装ですねー。

Sims001_006_070_8

 自室で、際限なく、仕事をするパルナスさん。

 メイドさん:「でも、手袋は、そのまんまなんですね?」

 パルナス:「・・・」

 手袋は、アクセサリーなので、そのまんまなんですよねー。

Sims001_006_070_10

 ハラン:「そんなところで寝ると、風邪をひくわよー」

 ミモト:「Zzz・・・」

 そういえば、病気ってなったことが無いなー。

Sims001_006_070_11

 ハランちゃんにも、任務がありましたねー。
 スーパーマーケットの研究をしなくてはなりません。

Sims001_006_070_12

 ハラン:「行ってきまーす」

 エリヤ:「がんばれー」

Sims001_006_070_14

 任務と言えば、「タレこみ屋の育成」が、まだ途中でしたね。
 ターゲットを、呼びだしてみましょうか。

 ガス・ハートさんを、家に誘ってみましょう。

Sims001_006_070_15

 パルナスさんは、電話した後、なぜか、ミモトさんの部屋へ行き、オーディオにスイッチオン!

Sims001_006_070_16

 そして、ミモトさんのパソコンで、仕事の続きです。

 ミモト:「・・・んん・・・」 むくり

Sims001_006_070_17

 ミモト:「うるさくて寝れないじゃないの!」 ぷんすか

 ぴんぽーん(玄関)

 パルナス:「あ、来た来た」

Sims001_006_070_19

 ガスさんと、談話しております。

Sims001_006_070_20

 ミモトさんは、寝なおしです。

 ミモト:「勘弁してよねー」

Sims001_006_070_21

 外に移動して、庭で、ガスさんを、洗脳・・・じゃなくて、仲間に誘ってます。

 おや?? 火事? 警報が鳴ってますよー。

Sims001_006_070_22

 あっ!

Sims001_006_070_23

 ハイド:「うわあー火事だーッ!」

 パルナス:「任せて!」

 そう、パルナスさんは、「勇敢」特性を持つシムなのです。
 普通のシムは、火事や泥棒を見ると、うろたえるだけなのですが、勇敢なシムは立ち向かうのです!
 操作しなくても、こうやって火を消してくれるのですよー。
 例外もあるようですけどね。

Sims001_006_070_24

 シュバー!
 パルナスがんばってー

Sims001_006_070_26

 消防隊が、来たころには、鎮火しておりました。

 ハイド&ハラン:「 (・・・パルナス、恰好かっけー!) 」

 流石ですねー。

 しかし、なんで、燃えたのかなぁ。
 テーブルが近すぎたのでしょうか?
 ちょっと、小さいテーブルに変更して、離しておきましょう。

Sims001_006_070_27

 パルナスさんは、お疲れ様です。

 今回の火事で分かったことなのですが、火災報知器って、部屋が広くても、壁がなければ、1個で、全域カバーしてくれるのですねー。
 いまいち、一区画の範囲が分からなかったんですけど。
 火を使う器具1つ1つの付近につけてたので、全部鳴っておりました。
 沢山つけると、維持費がかさむので、1つに致しましょう。

Sims001_006_070_28

 ミモトさん以外は寝静まっておりましたら、ハイドさんが、起きてきました。

 ハイド:「オーディオうるさい・・・」

 と言って、スイッチをオフにしてました。
 あれえ? 今までは、つけっぱなしで寝てたじゃないですかー??

Sims001_006_070_29

 ハイドさんが去った後、パルナスさんが、やってきました。

 パルナス:「オーディオうるさい・・・」 カチッ(スイッチ)

Sims001_006_070_30

 いやそのパルナスさん・・・ONになりましたよ
 (ハイドさんが、OFFにしてたので・・・)

Sims001_006_070_31

 スタ:「うるさいなぁ!」 かちっ(OFF)

 ハラン:「うるさいわよーッ!」 かちっ(ON)


Sims001_006_070_32

 スタ:「ちょっ!」

 ハラン:「なにか?」

 ・・・面白かったので、しばらく見てましたけどw
 オーディオの周りは、大混乱(爆)

Sims001_006_070_33

 しかし、なぜ、こんなことに・・・とりあえず、起きてきたハイドさんを使って、他のシムが起きてこないうちに、OFFにしました。

 このときは、原因が、さっぱりだったのですが、他のサイトのシム日記を見て解決しました。

 「アップグレード:スピーカーをの配線」が、原因でした。

 いやー、その・・・良く分からないのに、ハイドさんに頼んで、「スピーカ配線」をやって貰っていたんですよねー(爆)
 この「スピーカー配線」とは、各部屋にスピーカを設置するって意味だったみたいです。
 つまり、このリビングルームにある、オーディオを鳴らすとですねー、全部の部屋で音がなるわけですよw

 今まで鳴りっぱなしでも寝てられたのは、壁を隔てると、音が遮断されるシステムだからなんですねー。

 でも、これに気がつかないのはですねー。
 バグのせいでもありますよねー。
 だって、プレイヤーの私に、音が聞こえなくなることが多々ありますからねー。

 では、なぜ、音楽を鳴らしてるのかというと、シム達は、音楽が鳴ってると、良い気分になるからですよー。
 ムードレットの数値が良くなるのです。

 ともあれ・・・
 私は、このことに、かなりの間、気がつかなかったので、彼らは、暫く、騒音に悩まされ続けます・・・

Sims001_006_070_36

 さて、翌日のパルナスさんです。
 本日は、議員さんに変装してたのかな?

 手袋で、バレそうです。
 とりあえず、パソコンに向かって、仕事を始めておりました。

Sims001_006_070_38

 あ!

Sims001_006_070_39

 ちょ! ああ、スタさん、今帰ってきてはダメです。
 寄り道しててくださいー。

Sims001_006_070_40

 なにせ、こんな状態ですからー。

 テーブルじゃなくて、床が燃えてますねー。
 火災報知機も鳴ってるので、じきに、消防隊も来るでしょうけど・・・

Sims001_006_070_41

 今、ウチには、勇敢なパルナスさんが、いますからねーw

 パルナス:「このー!」 シュバー!

 ミモト:「ひぃいー」

Sims001_006_070_42

 ちょっと、火災の規模が大きいようです。
 反対側に回って、再度噴射しております。

 パルナス:「えいー!」 シュババ!

 ミモト:「キャー」

Sims001_006_070_43

 ハイド:「ただいまー」

 火事があったことも気がつかずに、帰宅してきたハイドさん。

 またもや、消防士が、来たころには、鎮火しておりました。

Sims001_006_070_44_2

 パルナス:「どれ、テレビでも、見ようかな」 パチ

 消防士:「では、帰りますね。 今後は、気を付けてくださいよ」
 
 
 
 
 メラメラ
 
 
Sims001_006_070_45

 ・・・え?

Sims001_006_070_46

 ・・・ちょっ・・・
 
Sims001_006_070_47
 
 
 パ、パルナスさーんッ!
 
 
Sims001_006_070_48

 ハイド:「か、火事だー!」

 消防士は、再発した火事に気がつかずに帰ってしまいました!
 
Sims001_006_070_49

 あ・・・パルナス、生きてた!

 パルナス:「ほ、報知機鳴らしてー」

 いや、鳴ってるんですけど、消防士来ないですねー。
 パルナスさんの様子が変です。

 ミモト:「パルナス!あんた、燃えてるよ!」

 ホントだ。背中燃えてます。

Sims001_006_070_50

 これは、見てる場合じゃありませんーッ。

 パルナスが、死んでしまうーッ!!!

 慌てて、ハイドさんには、「シムの火を消す」を、指示。
 ミモトさんには、「消防に連絡する」を、指示します。

 ちゃんと、やってくださいよー。

Sims001_006_070_52

 ところが、ハイドさんは、場所が狭すぎて、消しに行けません。
 ミモトさんは、電話してくれております。

 あ、パルナスさんが、バスルームへ走りました!

Sims001_006_070_53

 シャワー!

 ・・・おお! そ、そんなこと出来るんですかっ!?

Sims001_006_070_54

 パルナス:「ふっ。消えたわよ」

 ハイド:「すげーな。お前!」

Sims001_006_070_55

 勇敢なパルナスさんは、再度アタック!

 パルナス:「消えろーッ!」 シュバー!

 あ、応援も来たようです! バーン(扉)

Sims001_006_070_56

 消防士:「おらおらおら~!」 シュバババー

Sims001_006_070_57

 やっと鎮火しました・・・

 消防士:「気をつけろっつッたーろがーッ!」

 というか、去り際に気がついてくださいよう。

Sims001_006_070_58

 ミモト:「こりゃアカン(関西弁で『駄目』という意味)」

 暖炉の火を消しておきます。

Sims001_006_070_59

 パルナス:「原因は、何かしら? フロアが、木製だから?」

 ミモト:「いや、これは、たぶん・・・」

 ミモトさんの、願望に、「暖炉を耐火制にする」が点灯しました・・・
 つまりこれは・・・

Sims001_006_070_61

 ミモト:「火が強すぎるのよー!」 ガンガンガン!

 ミモトさんに、火が飛び火しないように暖炉をアップグレードして貰いました・・・
 暖炉怖い。

 たぶん、火事になるパーセンテージの問題もあるのでしょうけど、クリティカルしたんでしょうね・・・。
 ついでに、コンロも、「耐火」にしてもらいました・・・。

 メイドインジャパンなら、こんなことには!(多分)
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────
目次に戻る。


|

« シムズ3:インスター家(その69)「パルナスの時間外勤務」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その71)「パルナスとミモトの昇進パーティ」 »

コメント

ちょwパルナスさん、素敵すぎwww
勇敢なシムも消火活動をしてくれるんですね。自分についた火も自分で消火するとか、頼もしすぎるww
他の方のプレイ日記を読むと「こんなこともシムはするんだー!」みたいな発見があって楽しいです~スピーカー配線のことも知らなかったので勉強になりました♪
それにしてもすさまじい更新スピードですねー見習いたい・・・

投稿: ぴね | 2009.10.09 10:01

☆ぴね様

 ようこそ~。
 パルナスは、お気に入りのシムですねー。
 ステキ過ぎる。
 他の方のプレイ日記は、参考になるし、刺激にもなりますよね。
 特にデフォルトシムの情報とか!
 更新スピードについては・・・
 (スタ:「ちょっと今は、暇なんですよね・・・)

投稿: SA.星忍冒険 | 2009.10.09 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:インスター家(その70)「暖炉燃える(パルナスも)」:

« シムズ3:インスター家(その69)「パルナスの時間外勤務」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その71)「パルナスとミモトの昇進パーティ」 »