« シムズ3:インスター家(その33)「スターティ大激怒ォ!」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その35)「科学者ハイドと、スターティ」 »

2009.07.23

シムズ3:インスター家(その34)「呪われたダック公」

Sims001_001_034_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「インスター家(その34)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★じゃじゃーん!
 シャワーですよう!
 シャワーの利点は、たぶん、スピードです。
 バスタブに入るよりも早く、衛生が回復するような気が致します。
 では、失礼して・・・

Sims001_001_034_2

 しゃわー

Sims001_001_034_3

 突然ですが、ハイドさんは、転職致しました。
 アーミーですねー。
 ・・・なんか、似合わない・・・

 リサさんが、また、お家にやってきていました。
 なんだかんだで、仲良しさんですね。
 スターティの「フレンドリー」特質のおかげかもかも。

 リサ:「あ、あんた(スタ)のために、来たんじゃないんだからね!」
 スタ:「(・・・ツンデレ?)」

Sims001_001_034_6

 修理屋さん:「よいしょっと」

Sims001_001_034_9

 お仕事で、「荷物と届けてくれたまえよ。A地点から、B地点まで」
 ・・・とか、チャンスを、頂いたので、ハイドさんは、市役所へ行きました。

 ・・・この人だかりは何でしょう??

Sims001_001_034_10

 これは、抗議団体の、デモですね!
 癒しがイカーンみたいな?
 これは、いったい、なにか、効果があるのでしょうか?
 政治キャリアだったら、なにか、わかったかもしれませんよねー。

Sims001_001_034_11

 ・・・なんだか、イメージが合わない気が、爆発でしたので、またまた、転職致しました。
 今度は、科学キャリアです。
 被験者からの、スタートです。

Sims001_001_034_12

 スタ:「こっちのほうが、お似合いだと思うんですよねー。 ひゃほーい」

Sims001_001_034_14

 とりあえず、書きかけの小説を書き続けてもらいましょう。
 続きを、フリーウイルで書いてくれればいいんですけどねー。
 そういう特質は、あるのかなぁ?
 とりあえず、ハイドさんは、絵は、フリーウイルで描いてくれるんですけどねー。

Sims001_001_034_15

 おー。
 完成いたしました!
 印税もがっぽり入りますね。
 しかし、凄いページ量だなぁ。

Sims001_001_034_16

 スタ:「これは、ちょっと、おほめの言葉を、かけてあげるべきかなー」

 しゃわー

Sims001_001_034_17

 とりあえず、スタさんを、ハイドさんのところまで移動して、あとは、勝手に話してもらいましょうー。
 フレンドリーですしね。

Sims001_001_034_19

 フレンドリーなハグ。

Sims001_001_034_20

 スタ:「ゴミ出ししてほしいのです」
 ハイド:「ほう」

 スタさん、そのセリフ多いな!(綺麗好きだから?)

Sims001_001_034_23

 おや。
 ちゃんと、言われてゴミを、外出ししに行きました。
 へー。

 地味にテレビジョンが、壊れてますね。
 新しいテレビジョンは、壊れると画面が、真っ暗になるだけなので、電源オフと勘違いします。
 サイバーなテレビジョンは、ぶびびびびと、サイバーに壊れたんですけどねー。

Sims001_001_034_24

 スタ:「ハイドさんも、やればできるじゃーん」

Sims001_001_034_25

 転職して、収入も減るので、スタさんに、ちょこっと、稼いでもらいました。

 スタ:「セキュリティ甘い甘いー」

Sims001_001_034_27

 ここが、新しい、ハイドさんの出勤先です。
 恰好いい研究所ですね!

Sims001_001_034_28

 スタさんは、学校から帰ると、うたた寝してました。
 ハッキングは、翌日に響きますねー・・・

Sims001_001_034_29

 そろそろ、バスタブも、良いやつに変えようと思います。
 一番安いやつですしねー。 壊れやすいですし。
 ちょっと、奮発して、ツーランク上のを・・・。

Sims001_001_034_30

 ・・・あれえ?
 古いバスタブが、移動できません。
 削除や売ることもできないです。

 どうやら、アヒルのおもちゃを、ハイドさんが、使用中だからだそうです。

 使ってないのに!
 ・・・これは、バグですねー。
 たぶん、フラグが立ちっぱなしです。 うわー!
 このダック公(アヒルのおもちゃ)は、呪われていたのですね!

Sims001_001_034_31

 とりあえず、並べてみました。
 ・・・明らかにヘンです。

Sims001_001_034_32

 ひとまず、庭に置いて、後で考えましょうー。

Sims001_001_034_33

 ハイドさんに、お風呂に入ってもらって、アヒルを使えば、出る時に、フラグが解除されるかな?
 と思ったんですけども、だめでしたー。

Sims001_001_034_35

 ちょ・・・

Sims001_001_034_36

 す、スタさん・・・?

Sims001_001_034_37
 
 
 うわーッ!
 
 
Sims001_001_034_38

 スタ:「うーん。 露天も良いですねー」

 だめだってバ!

Sims001_001_034_40

 緊急で、部屋を増設致しますー

Sims001_001_034_42

 コンクリむき出しで、屋根も、ないですけど、とりあえずこれで!

 シムって、人のいるところでは、トイレや、お風呂に入らないはずなのですが、たまたま人が近くに居なかったからでしょうか?
 区画で判断してるとしたら、庭にいなければ、良いのかもしれませんね。

 (かなり、後のことですが、チートコードのmoveObjectsを使用して、アヒルを動かして、古いバスタブは、削除しました。
  結構長く活躍しておりましたよ。 お疲れ様でした)

Sims001_001_034_41

 ハイドさんは、なにやら、ビジネスマンから、「オフィスに飾る絵を、10枚ほど描いてくれないか?」という、依頼が来ました!
 大型受注ですね!

Sims001_001_034_44

 絵なら、勝手に、描いてくれますしねー。
 出来上がったらキャンバスから絵をどければいいだけです。

Sims001_001_034_45

 あ。
 これは、可愛いですね!

Sims001_001_034_46

 スターティの部屋に飾りましたー。

 (気に入ってたんですけど、のちに、家を増築するときに、どうも、消してしまったようで、トホホです。
  しばらくは、こうやって飾られてましたけどねー・・・)
 
  
★・・・というわけで、続きますー。

────────────
目次に戻る。

|

« シムズ3:インスター家(その33)「スターティ大激怒ォ!」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その35)「科学者ハイドと、スターティ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:インスター家(その34)「呪われたダック公」:

« シムズ3:インスター家(その33)「スターティ大激怒ォ!」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その35)「科学者ハイドと、スターティ」 »