« シムズ3:インスター家(その17)「がんばれ食器清浄機」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その19)「がんばれ!ぼくらのユージーン・ハンター」 »

2009.07.06

シムズ3:インスター家(その18)「ホットドックを届けよう」

Sims001_001_018_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「インスター家(その18)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★シムのスターティが、「門限ぶっちぎりたいー」という願望を、思い浮かべているようです。
 ムムー・・・

Sims001_001_018_2

 下校時、パーカーくんに、「オレの家においでよ」と、また誘われたようです。
 写真じゃわかりにくいですけど、ちゃんと、二人とも、バスに乗ってるんですよね。

Sims001_001_018_3

 相変わらず、良いお家ですね。 暖炉が素敵。
 二人とも、プールが、気になってるご様子。

Sims001_001_018_4

 ダスティン:「おや。スターティ、いらっしゃい」
 スタ:「あら、おじさま。こんにちは!」

Sims001_001_018_5

 相変わらず、シムのスターティは、パーカー君より、ダスティンさんが、お気に入りのようです。
 パーカー君とは、学校で、会ってるので、友好度は、高いはずなんですけどねー。

Sims001_001_018_6

 スタ:「そうそう、シニガミって見たことありますか?」
 ダスティン:「・・・え??」

Sims001_001_018_7

 スタ:「宇宙とか星とかに興味ありませんか?」
 ダスティン:「・・・いやその、はははは・・・」

 引かれ気味ですけど・・・

Sims001_001_018_8

 そのころ、勢いよく、冷蔵庫の扉を開ける、ハイドさん。

 「あなたの、ホットドックが食べたいの!」

 という、依頼を受けてますので、「ホットドックを作る」と、指示しました。
 材料の、ソーセージも買いましたし、レンジも用意しましたしねー。

Sims001_001_018_9

 「ふんふんっと・・・」

Sims001_001_018_10

 「よーし、あとは、チンだな」

Sims001_001_018_11

 じゃーん、上手に、できました!

Sims001_001_018_12

 マップビューで、フィオナさんの位置を確認して、アイコンをクリック。
 「フィオナに会う」を選択します。

 びゅーん! とタクシーで、ご到着ー。

Sims001_001_018_13

 手に、ホットドックを持ったまま玄関まで歩いてきて・・・

 「フィオナさんとこまで行けないぞ!」

 そりゃ・・・呼び鈴鳴らさないと入れないんですよね・・・
 「フィオナに会う」コマンドでは、そこまでは、自動じゃないんですね・・・

Sims001_001_018_14

 わたしが、オタオタしてる間に、ハイドさんは、なぜか、ホットドックを玄関先に並べ始めました!

 ちょっ! なにやってんだ、アンター!

 慌てて、「マクアイリッシュ(フィオナさんの苗字)世帯を訪問する」を、選んで、呼び鈴を鳴らします。
 ピンポーン・・・

Sims001_001_018_15

 沢山作っていたようで、手にはまだ、ホットドックが残ってました。
 一度置いたホットドックは、食べるか破棄するしかできないようで・・・

 なんとか、ホットドックを届けて、チップも戴きました!

Sims001_001_018_16

 玄関先のホットドックは、ほっとけーき。

Sims001_001_018_17

 ハイドさんも、まったく気にせず、フィオナさんちの、TVを見ています。
 サイバーなテレビジョンですね。

Sims001_001_018_18

 フィオナさんの娘さんだと思うのですが、リバーさんが、話しかけてきました。
 たしか、この吹き出しは、「一日を明るくしてくれる」話題をしてくれているのだったと思います。

Sims001_001_018_19

 リバー:「浮かない顔ね? スマイルスマイルw」

 リバーさんは、高校生で、私と同じですね。

Sims001_001_018_21

 フィオナさんも会話に参加してきました。
 政治の話をしてきました。

Sims001_001_018_22

 フィオナさんの娘のリバーさんは、どうやら芸術肌のようで、その話題を振ってきたリバーさんに、絵の話題を返してるようです。
 しばらく、芸術についての会話と、政治の会話が続いてました。
 そのうち、フィオナさんは、テクノロジーのことを考えながら、立ち去りました。

Sims001_001_018_23

 リバー:「そういえば、ハイドさん! スターティに聞いたんですけど・・・ちゃんとお皿を洗ってあげてくださいね!」

Sims001_001_018_24

 ハイド:「(ガーン・・・) う・・・」

 リバーさんは、綺麗好きの特性があるようです。

Sims001_001_018_25

 パーカー君の素敵なお家で、夜更かししたかったスターティですが、バイトがあったので、残念ながら、野望は叶いませんでした。
 この車は、バイトの送迎車です。
 昇進すると、送迎車も立派になっていきます(笑)

Sims001_001_018_26

 スターティ:「はぁ・・・なにしようかな・・・」

Sims001_001_018_27

 やることが、無くなると、ゲームしだす、スターティに、「執筆クラブ」に参加するために、執筆の訓練をさせました。

 スターティ:「ふむふむ・・・こうやって小説は、書くのですねー」

Sims001_001_018_29

 フィオナさんちから、美術展に、寄ってクタクタになった、ハイドさんが、帰って寝てました。
 スターティは、執筆の練習に夢中です。

Sims001_001_018_30

 スターティ:「そろそろ眠い・・・おやすみ」

Sims001_001_018_31

 ぷぷー! バスが出ますよー!

Sims001_001_018_32

 Zzz・・・ あちゃー、ちょっと、頑張りすぎたみたい。

Sims001_001_018_33

 スターティ:「いっけないー。また、遅刻ですよう」

Sims001_001_018_34

 執筆活動は、上手くいったようで、誉められました!
 遅刻と打ち消しかなぁ・・・??

 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────
インスター家(その19)に、進む。
インスター家(その17)に、戻る。
目次に戻る。

|

« シムズ3:インスター家(その17)「がんばれ食器清浄機」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その19)「がんばれ!ぼくらのユージーン・ハンター」 »

コメント

SA.星忍冒険さん、こんにちはー! 絶対零度の juna です。
いつもうちのサイトに遊びに来てくださり、ありがとうございます!
コメントしに来るのが遅くなってしまいましたが、インスター家をいつも楽しく拝見してます~。
お二人ともよく眠たそうにされているので、ぶっ倒れるんじゃないかとヒヤヒヤしています(笑)。
でも学校に遅刻しても意外と大丈夫なんですね…!

それから食器洗浄器、便利ですね!
シンクがすぐ汚れて掃除するのも面倒だったので、使用されてるのを見て私も絶対に設置しようと思いました。
でもすぐに壊れてしまったのに笑ってしまいました(^_^;)
安物は壊れやすいとはリアルですね。
シムズ3はいい家具を揃えようと思うと、時間がいくらあっても足りませんね><
インスター家のお二人がほかのお宅へ行くのを見るたび、指をくわえて眺めてしまいます(笑)。
NPC はいい暮らしをしすぎですよね!

それではまた!

投稿: juna | 2009.07.07 00:26

☆juna様

 こんにちは!
 いつも楽しくサイトを拝見しておりますw
 他のシム日記を拝見してると、シムのムードに非常に気を使ってるのだと、今更気が付きましたw

 もしかしたら、プレイヤーの私が、無精者特性なせいかもしれませんー。

 NPCは、良い家に住んでますよねー。

 コメントありがとうございました!

投稿: SA.星忍冒険 | 2009.07.07 00:51

こんにちは!
こちらのスターティは星忍さんがお描きになったキャラクターだったのですね!今更で申し訳ないですがとっても可愛いです
食洗器は、カウンターの下に設置できますよ♪そんなん知ってるわー!だったらすみません
あとティーンの恋愛ですが、シムズ2ではつきあったりもしていたのでまたできると思っていたのですが、できないのですかね~、うちにはティーンがいないので検証できないのですが、出来てほしいですね。やっぱ十代と言っったら甘酸っぱい恋バナに花を咲かせるでしょう!(笑)
では、続き楽しみにしております^^

投稿: mio004 | 2009.07.07 09:48

☆mio004様

 こんにちは!
 はい、スターティは、当ブログのマスコットですねw

 食洗器は、カウンターの下に・・・な、なんだってー!?(爆)
 知りませんでした。
 他のサイトでよく、上に皿が置かれてるので、どうやってるのだろうと思ってましたよー。

 ティーンの恋愛について、スターティは、なんだか、全然なんですが・・・NPCのリバーというティーンの子には、パートナーがいるので、できるのかも・・・
 ひょっとしたら、ティーン同士だけかもしれませんー。
 どうなんでしょうね??

投稿: SA.星忍冒険 | 2009.07.07 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:インスター家(その18)「ホットドックを届けよう」:

« シムズ3:インスター家(その17)「がんばれ食器清浄機」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その19)「がんばれ!ぼくらのユージーン・ハンター」 »