« 07月11日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | シムズ3:インスター家(その23)「我慢、良くない」 »

2009.07.11

シムズ3:インスター家(その22)「とっても眠いスターティ」

Sims001_001_022_1
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「インスター家(その22)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★シムのスターティは、お友達のベベさんと、一緒に下校して、ウチに寄ってもらったのですが、新しいバイトの開始時間って、下校後直ぐなんですよね・・・。
 なので、宿題した、スターティは、ベベさんを置いて、さっさとバイトに行ってしまいました。

 残されたベベさんは、ハイドさんと会話した後宿題してましたよう。

 うーん・・・

Sims001_001_022_2

 リアナさんに頼まれた、オーディオの修理が終わってないので、ハイドさんは、頑張り中。

 暗くなってバイトが終わったスターティは、戻ってきたのですが、テレビ見て、宿題中のベベさんと、少し話をしただけで寝てしまいました。

Sims001_001_022_3

 翌朝、朝食を作ってるスターティですが・・・

Sims001_001_022_4

 「こんな黒こげ、食べれませんようー」

 あらら・・・料理スキルが低いからでしょうか。
 ・・・どうするのかな?

Sims001_001_022_6

 仕方がないので、冷蔵庫から冷凍食品を取り出したようです。

 スタ:「あ、ご苦労さまです」
 修理屋さん:「毎度・・・。 あ、昨日直した、テレビとトイレとバスタブの調子はどうですか」
 スタ:「おかげさまで、快適です」

 そろそろ、新型が欲しいところですね・・・
 ・・・だめだコイツ(家具)ら・・・はやく、なんとか、しないと・・・

Sims001_001_022_7

 とりあえず、冷凍食品を、レンジで、チンしております。

Sims001_001_022_10

 スタ:「さてと、朝ごはんと・・・って、ハイドさん、それ食べてんの!?」
 ハイド:「え? うん?」 もぐもぐ

 恐るべし、無精者特性・・・

Sims001_001_022_13

 学校に出かけて、下校時に、今度は、友達のパーカーくんを連れてきたスターティですが、バイトの時間が来て、すぐに、出てしまいました。

 哀れパーカーくん・・・ハイドさんが、ちょっとだけ相手してくれてました。
 ちょっとだけですけど・・・。

Sims001_001_022_14

 こりずに? パーカーくんは、翌日の下校に、今度は、お家に招待してくれました。
 でも、すぐにバイトの時間なんですよねー。

 霊廟のバイトのときは、バイトのお休みが平日にあったんですけど、開始時間が遅いので、友達との交流には支障なかったのですよ。

 ううーん。

Sims001_001_022_15

 ハイドさんは、数日かけて、やっと、オーディオの修理を完了しました。
 リアラさんを、マップビューで探し出して・・・『28時間フィットネス・ジム』にいました。
 28時間??
 ・・・って、リアナさん・・・むちゃくちゃ太ってますよ!!!?

 以前、お会いしたときは、確か・・・

Sims001_001_022_16

 ・・・こんな感じで、スマートなお方でしたのに!?
 ・・・ああ・・・だから、フィットネス・ジムで、ダイエットしてるのですね・・・


Sims001_001_022_17

 ちなみに、スターティは、入浴中でした!
 サービスシーンですよ♪ モザイク付きですけどね!

 (※最近、MOD導入に成功しまして、『モザイク除去』MODを、試してみたのですが・・・
   最初に、スターティのシャワーシーンを見まして、『星忍さん!見るなーッ!ウワギャー!』と、なりましたので、元に戻しましたw
   少年ジャ●プの、バス●ード程度の表現なんですけど、なんだか、生々しくてダメデスー。
   お湯のある、お風呂なら、まだ、マシなんでしょうけれどね・・・)

Sims001_001_022_18

 ハイドさんのほうを、見てみると、なんだか、ついでに、トレーニングしてました。
 とりあえず、ホッテおきます。

Sims001_001_022_19

 なにしろ、『望遠鏡』を、買いましたからね!
 星を観察しますよう。

Sims001_001_022_20

 「お? 人口衛生発見!」

Sims001_001_022_22

 ・・・と、天体観測を、楽しんでいますと・・・なにやらインフォメーションメッセージが・・・
 ベベさんと、会話してなかったようで、友情が、冷めてました。

 まぁ、学校へ行けば、また、回復していくのですけれど・・・うーん・・・

Sims001_001_022_23

 「なんか、こう・・・自由な時間が、もっと、欲しいなぁ・・・」 ゴシゴシ

Sims001_001_022_24

 翌朝早く、シムのスターティを、バイト先の本屋に向かわせました。

Sims001_001_022_26

 バイト、辞めますー!

 バイト料減った割には、ジリジリ、お金(シムオリオン)、貯まってますしね。
 ハイドさんが、演壇磨きから、開票集計係にランクアップしたのが、かなり大きいようです。

 ・・・と、言うわけで、収入源は、ハイドさんにお任せです。
 しっかりと、スターティを、養ってくださいー。

Sims001_001_022_27

 バイト先との交渉が、終わった、スターティは、ピューっと駆け出しました。
 そんなに、急いでどこへ・・・?

Sims001_001_022_28

 途中、学校の前を通ります。
 ・・・あ、登校中のクラスメイトたちが・・・はっ!

Sims001_001_022_29

 「そうですようー! 登校時間です!」

 わ、忘れてました!

 マイシムは、たまに、カメラ目線を、します。
 芸が、細かいですねw

Sims001_001_022_30

 「その、バス、待ってーッ」

 ・・・というか、学校を通り過ぎずに、そのまま登校すれば・・・
 ・・・まぁ、シム側にも、いろいろと、事情があるのですよね!

Sims001_001_022_32

 バイトを辞めた、スターティに、学校側から、『学業の一端として、バイトを自分で探して、やってみない?』と、言われました・・・

 お断りいたしますッ!

Sims001_001_022_33

 下校時に、友達の、ベベさんから、「ウチに来ない?」と、誘われました!
 もちろん、オッケーです。

Sims001_001_022_34

 これが、ベベさんの、お家です。
 なかなか、素敵な外見ですね。 こんな、お家に住みたいかも?

Sims001_001_022_35

 ベベさんの、お母様かな? 会話してると、相手の特質が、わかったりします。
 ・・・負け組って・・・

Sims001_001_022_36

 ベベさんに、習って? 本を物色中です。
 ・・・なんだか、既に、疲れてますけど・・・

Sims001_001_022_37

 本を取ってきたものの、「眠い」と叫んで、テーブルに置いちゃいました。

Sims001_001_022_38

 また、本棚に向って、ウロウロと歩きつつ・・・「疲れた!」と叫び、本を戻したり、うろうろしたり・・・
 眠いけど、寝たくない? みたいな感じです。

Sims001_001_022_39

 ようやく?ベベさんの隣に座った、スターティですが、カメラ目線で、「眠いのよーォォッ!」と、訴えてきます。
 メタな子ですね。

 ベベ:「そこのソファで休んだら?」

Sims001_001_022_40


 ・・・ということで、かわいそうになってきたので、「ソファで、うたた寝しなさい」と、指示しました。

 スタ:「ふにゃー・・・Zzzz」

Sims001_001_022_41

 スターティが、寝てしまったので、ハイドさんを、見てみると、パソコンでゲームしてました。

 ハイドさんを、指示して、トイレの耐久性をアップグレードしてもらいました。

 これで、壊れにくくなるはず・・・?

Sims001_001_022_42

 気がつくと、スターティは、起きていて、ベベさんと、宿題してましたよう。

Sims001_001_022_43

 終わったら、読書・・・

 ベベ:「そろそろ、眠い・・・」 (じー・・・)
 スタ:「・・・」

Sims001_001_022_45

 オーディオを返してしまって、音楽が無くなって、さびしくなったので、翌日、買いました!
 スターティが、早速、電源を、ONにしてました。

 二人が好きな、キッズな音楽が流れ出します。

Sims001_001_022_46

 そして、チェス・・・

Sims001_001_022_47

 ハイド:「オレに、勝とうなどと、10年早いわ」
 スタ:「ううー」

Sims001_001_022_48

 なんだか、チェスで、ハイドさんに、打ち勝ちたい、スターティのようです。
 
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────
インスター家(その23)に、進む。
インスター家(その21)に、戻る。
目次に戻る。

|

« 07月11日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | シムズ3:インスター家(その23)「我慢、良くない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:インスター家(その22)「とっても眠いスターティ」:

« 07月11日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | シムズ3:インスター家(その23)「我慢、良くない」 »