« シムズ3:インスター家(その27)「ハイドとスターティ」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その29)「初めてのプール&ジュース!」 »

2009.07.17

シムズ3:インスター家(その28)「ロマンス?発生??」

Sims001_001_028_2
────────────────────────────────
 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて・・・シムズ3プレイ記事「インスター家(その28)」です。
 ネタばれ注意ですようー。

 過去のお話は、「シムズ3:プレイレポート目次」を、ご確認くださいね。

★ハイドさんは、望遠鏡で、星を観察中です。

 ハイド:「うーん。やっぱり、宇宙は、ロマンだよなぁ」

 みたいな?・・・

Sims001_001_028_6

 シムのスターティと、ハイドさんが、発行した書籍の印税が、週ごとに入ってきます。

 今日は、日曜なので、ハイドさんは、お絵かきしてますねー。

Sims001_001_028_9

 しかし、「確定申告ってどうすれば、いいのさー」という、相談を、ビジネスマンから、受けてるので、教えに行ってきます。

Sims001_001_028_11

 ビルに行くと、ちょうど、スターティが、出てくるところでした。

 ハイド:「あれ? なにしてたの?」
 スタ:「学校の教育プログラムの一環で、社会体験の勉強で、働いておりました!」

 働いた分のお金(シムオリオン)も、頂けます。

Sims001_001_028_17

 スターティの願望で、「リバーさんを、ご招待したいー」 と、言うのが、出てましたので、家に、呼んでみました。

 綺麗好きのリバーさんは、汚れたお皿を洗ってくれてますねー。

 決して、それが、目的ではございません。ございません。

Sims001_001_028_18

 その証拠?に、ピザを、注文してましたしね!

Sims001_001_028_19

 スタ:「わぉ♪ 美味しそうですねー」

Sims001_001_028_21

 スタ:「おいしー」 もぐもぐ

 リバーさんは、ゲームに夢中で、食べてくれませんでしたけれどね。

Sims001_001_028_25

 スタさんも、一緒にゲームをします。
 会話も弾みますね。

Sims001_001_028_27

 会話のアクションに興味がございましたので、リバーさんを、クリックしてみると、気になるコマンドが・・・

 「ソファで、抱きしめる

 ・・・?
 アメリカーンですから、フレンドリーに肩を抱き合うのでしょうか。
 リバーさんは、女性ですしねー。

Sims001_001_028_29

 耳元で、甘く囁くスターティと、うっとりと肩に頭を預けているリバーさん・・・

 あれえ?・・・なにか・・・違う・・・これは・・・

Sims001_001_028_30

 ハイドさんが、やってきたので、行動をキャンセル致しました!
 なんか、びびりました!
 ア、アメリカーンでは、デフォルトなんでしょうか!

Sims001_001_028_34

 ついでに、スタさんは、リバーさんが、帰宅後、お風呂で、こんなことを、考えておりました。

 マジですか!
 私は、妖精さんなので、よくわからないのですが、ティーンの女の子同士では、普通なんでしょうか!

Sims001_001_028_37

 翌朝、朝からピザなスターティ。
 頭の中は、ピザ一色なのか、食べてる端から、「ピザを注文したいー」と、願望アイコンが表示されておりました。

Sims001_001_028_41

 スタさんの生涯報酬ポイントも、結構貯まってきたので、「鉄のぼうこう」を、ゲットしました。
 これで、もう大丈夫!

Sims001_001_028_42

 学校へいくなり、こんなことを、考えてるスタさん・・・。
 もはや、頭の中は、ピンク色。
 思春期真っ只中?

Sims001_001_028_44

 下校してきました。

 スタ:「疲れた・・・」

 興奮しすぎです。

Sims001_001_028_45

 ハイドさんのベッドで、うたた寝です。
 自分のベッドのほうが、良いやつなんですけどねー。
 広いほうが良いのかなぁ。

Sims001_001_028_51

 ハイドさんも、負けじ?と、一番の友人の「ヴィタ」さんを、お家にご招待いたしました。
 「ヴィタを、招待したいー」と、願望にも出てましたしねー。

 ないすつーみーつー。

Sims001_001_028_54

 人物一覧の緑のバーが、確か、友好度を、表わしてるゲージです。
 スターティと、同じくらいありますよね。
 順番は、中の良い順というよりは、注目度なのかな?
 ゲージが低い場合でもトップにいたりしてるようです。

Sims001_001_028_56

 ヴィタ:「うふふ。 良くってよ・・・」

 おや? ヴィタさんが、ハイドさんの部屋に、ハイドさんを、誘っておりますよ?たぶん。
 隣の部屋で、スタさんは、チャットしながら、ちょっと、ドキドキ?

Sims001_001_028_57

 スタ:「何話してるのかなぁ。 ヴィタさんは、たぶん、人妻だと思うんだけどなぁ・・・」 ドキドキ

Sims001_001_028_59

 ・・・あれえ???

Sims001_001_028_60

 ヴィタ:「あんたが、鬼ざますー。 ウワハハハハー!」
 ハイド:「まてー! うへへへー」

 スタ:「・・・・・・」

Sims001_001_028_63

 スタ:「おっとっと、チャット中だった。 えーと、ふむふむ、あなたは、独身なのですねー」

 ( ヴィタ:「おほほほー」 ハイド:「アーハッハッハ」 )

Sims001_001_028_64

 ベベさんから、電話がかかってきました。
 現在、ベベさんは、スタ・ランキング?第5位くらいです。

 スタ:「ハーイ♪ ベベ。 今、何してるの?」

 ( ヴィタ:「おほほほー」 ハイド:「アーハッハッハ」 )

Sims001_001_028_69

 スタ:「ピザピザ・・・あら、鬼ごっこ、終わったんですね」

 この二人に、ロマンスは、無さそうですね。

Sims001_001_028_70

 ハイドさん、お疲れで、さっさと寝ちゃうし。

Sims001_001_028_72

 ヴィタさんは、ゲームに夢中。
 また、壊さないでくださいよう。

Sims001_001_028_75

 リバーさんから、電話がかかってきました。

 スタ:「こんばんは。 ん。そうそう、新しいベッドが調子良いんですよー」

Sims001_001_028_76

 スタ:「やっぱり、新品は、良いですよねー (背後から、視線を感じる・・・)」

Sims001_001_028_79

 ヴィタ:「あらー。スターティちゃんー。 パソコンありがとざますー」

 すごいニコヤカなヴィタさん。
 シムのスターティは、ヴィタさんのことを、あまり知らないんですよねー。

Sims001_001_028_80

 ヴィタ:「けれど、やっぱり、パソコンは、最新型を買うべきざます。出来れば、ノートざます。モバイルざます」

Sims001_001_028_81

 スタ:「 ( ・・・お金無いんだってバ! )」
 ヴィタ:「 (良いこと言った! わたくし、ステキ!) 」

Sims001_001_028_82

 ふて寝します。

 友好度低いけれど、注目度トップになった、ヴィタさん。
 個性が強烈です・・・。
 
 
★・・・というわけで、続きますー。

────────────
目次に戻る。

|

« シムズ3:インスター家(その27)「ハイドとスターティ」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その29)「初めてのプール&ジュース!」 »

コメント

ゴクリ・・ スターティー攻め、そういうものもあるのか・・!

投稿: じゅらい | 2009.07.18 09:58

☆じゅらい様

 あるかも!

(スタ:「ありませんー」)

投稿: SA.星忍冒険 | 2009.07.18 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シムズ3:インスター家(その28)「ロマンス?発生??」:

« シムズ3:インスター家(その27)「ハイドとスターティ」 | トップページ | シムズ3:インスター家(その29)「初めてのプール&ジュース!」 »