« 01月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 01月20日のココロ日記(BlogPet) »

2009.01.16

日記&近況:火吹山のスターティ

Pr_031_s
────────────────────────────────
【SA.近況】 解説:妖精スターティ
────────────────────────────────

★こんにちは!「呪われた冒険者亭」のマスコット、妖精スターティですよう。
 そんなことを、知らなくても、それは、それで、ホットケーキ

★さて、SA.星忍冒険の近況報告です。

★みなさん、「ゲームブック」てご存知でしょうか。
 小説のように、前から順番に読むわけではなく、文章の後に、選択肢があって、その選び方によって、複数の予期せぬ物語を楽しめる、ゲームの本のことです。
 サイコロをつかってランダムな結果をだしたりもします。
 ようは、本媒体のRPGなんですけどね。

 
★今回のイラストは、そのゲームブックのシリーズの一つである「ファイティング・ファンタジー」シリーズの第一弾『火吹山の魔法使い』の表紙イラストを、モチーフにしていますよう。

 さて、外国で作成され、社会思想社によって、翻訳され、1984年に発売された、この画期的なゲームは、当時、めちゃくちゃ高いパソコンのゲームが買えない、若者達にとって、格安で遊べる、RPGでした。
 でも、ファミコンやらが普及して、あっという間に廃れてしまいました。

 しかし、このゲームの魅力は記憶に刻まれて、今日に至ります。

 それが、なんと! ホビージャパンから、復活したのです。
 今頃、出して、売れるのでしょうか

 ラインナップは、第6弾の「死のワナの地下迷宮」と、第10弾の「地獄の館」です。

 「死のワナの地下迷宮」は、結構な知名度で、当時買っておけば良かったナァと思っていたので、楽しみです!
 「地獄の館」は、持っているので、買わなくても良いかもです。

 死のワナの地下迷宮の、昔の表紙は、どんなのだったかなと、ネットで探すと、ありました。

Gb6

 ちょっとボケてますけど、こんなのでした!
 紹介文が、昔買った「火吹山の魔法使い」の後ろにあったので、引用してみますね。

 『ファングの町の、暗く曲がりくねった大迷宮の奥深く、未知の恐怖の数々が、君を待ち受ける』

 うーん、格好いいですね。
 そうそう、主人公は、「キミ」。すなわち、読者なんですよね。

 さて、新しい表紙は、どんな感じなのでしょうか! じゃーん!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Ff_dt_new
 
 
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
Cocolog_oekaki_2009_01_16_02_16
 
 
 なんだ、こりゃー!?
 
 
 こ、こ、こ、これが、ファイティング・ファンタジー!?
 あるいみ、とっても、ファンタジーですが、これは、一体・・・。

 紹介文を読んでみましょう。

 『凄腕の女の子冒険者フィリア、究極の挑戦!』

 主人公が、女の子で、固定キャラになってます!
 中を読むと、確かに、文面は、「あの」ファイティング・ファンタジーなんですけど、主人公は、喋るし、小柄な女の子として書かれてますね。

 ・・・結構、芸が細かいです。

 こんなの、ファイティング・ファンタジーじゃないよー

 と、ぷんすかしてたんですけど、当の星忍は

これは、これで、アリ

 と、嬉々としているのですが・・・

 そうですか。良いんですか。
 この人、可愛い子ちゃんいれば、なんでも、OKなんでしょうか・・・。

 ちなみに、ラインナップにある、「地獄の館」は、所持してますので・・・、買わない・・・って、買ってますね。
 もとは、こんな表紙で、勿論、中のイラストも、おどろおどろしいものです。
 
Ff_hh_old


・・・そして、新刊の、「地獄の館」改め、「ハウス・オブ・ヘル」ですが・・・まさか・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Ff_hh_new
 
 
 
・・・こ、これは・・・・女子高生。

舞台は、イギリスなので、留学生のようです。
しかし、このゲーム。元は、主人公が、車を運転して、嵐の中、館にたどり着くんですけど、どうするんだろう・・・・。

タクシーに乗ってました。・・・なるほど。

もう、この際、この調子で、シリーズ刊行してください。
星忍も、なんか、喜んでるし・・・。

日本は、凄いことになっていますね。ほんと。
 
 
 
────────────────────────────────
【日記】 SA.星忍冒険
────────────────────────────────
Haran21to2


★ファイティング・ファンタジーは、d20システムでも出てるみたいですけど、どうやら、3.5版じゃなくて、3版ぽい。

★ホビージャパン版の「萌え」ファイティング・ファンタジーは、最初、見たときは、「いやー、これは、無いだろう!」と思いましたけど、女の子かわいいし、原作と比べてパロディとして楽しむと、面白いですね。

 訳も、昔のままじゃなくて、ちゃんと、新設定として書き直してるし。
 まぁモンスターが、あの、格好いいオドロオドロした雰囲気じゃないのは、残念ですけど!

★しかし、ホビージャパン版しか知らない人は、原作が、とんでもなく「硬派」だと知らないんだろうなぁ・・・。

 原作の人、よく、この企画、OKだしたなぁw

|

« 01月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 01月20日のココロ日記(BlogPet) »

コメント

まぁ、今売れるものを出さねばなるまいて。
逆にこうすれば売れる!っていう手ごたえがあったんじゃないかしらん。

とりあえずスタはベアダンジョンには行かない方がいいよw

投稿: 眠兎 | 2009.01.16 10:35

ベアダンジョンは、T&Tですよー!w
しかし売れるのかぁ。
「彷徨える宇宙船」が出て欲しいです。
あ!
「フォボス内乱」も良いな!出ないかなぁ。

投稿: SA.星忍冒険 | 2009.01.16 22:31

アドベンチャーブック懐かしいです。
僕もよく遊んでいました^^
萌え要素を足して復活なんですね。
TVゲームと違って、想像力が掻き立てられますよね。
それより、とてもかわいいイラストをお描きになるんですね^^
実はけっこう前からこっそり見に来ていましたw

投稿: syunkit | 2009.01.18 10:04

syunkit様、こんにちは。
萌え萌えプラスって感じです。
きっと昔のファンは歓迎と否定とで、真っ二つに分かれそうですねw
イラストは、もっとカワイク描きたいところですー。ありがとうございますー

投稿: SA.星忍冒険 | 2009.01.18 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日記&近況:火吹山のスターティ:

« 01月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 01月20日のココロ日記(BlogPet) »