« D&D:ゴールド挨拶 | トップページ | 土曜セッション:D&Dグランゼリカ(その15の1)【影の神殿】《前編》 »

2007.07.17

D&D:間違いダラケのDMめも(その2)

サブタイトル:「ウィザードの呪文書」

Dd_memo_002


★ある日、バーバリアンと、ウィザードのマルチクラス(NPC)である、リリージは、某サイトの、D&D公式FQAの、非公式和訳を、読んでいた。
 文章や、問答が、面白くて、延々と読みふけっていたのだが、とある、一文で、「おや?」と、思った。

リリージ:「呪文書に、呪文を、書き込むと、呪文ひとつにつき、レベルに関係なく、24時間かかり、1ページにつき、100gpの材料費(特別なインク代など)が、かかる・・・?」


 プレイヤーズハンドブックを、調べてみると、まさに、その通り。
 もっとも、レベルアップに、伴い習得する、呪文は、タダで、書き込めるようだ。


リリージ:「わたし払って無いぞ?? わたしの呪文書は、一体・・・し、師匠に聞いてみよう」


 リリージは、魔術師ギルドの塔に赴き、師匠である、スターティに、問う。 すると・・・


スターティ:「ああ、わたしが、立て替えてましたよ」


 なんということでしょう。 DMが、すっかり失念していたのです。
 まぁ、NPCなんですけど・・・
 しかしながら、リリージさんは、パーティーメンバー扱いなので、アイテムの類は、パーティーメンバーから、分配されている報酬で、賄っています。


リリージ:「うわー、すみません。 払います!」


 属性が、「混沌にて、善」である、リリージさんは、知ってしまったからには、踏み倒せません。
 呪文書を、開き、「レベルアップに伴う学習による、呪文」と、「レベル1時点で貰った呪文」を、除いて、計算をしてみます。

 呪文書は、1ページにつき、呪文レベルページ必要です。
 レベル0に関しては、例外で、1つにつき、1ページ必要です。
 つまり、例えば、レベル2の呪文は、1つ書く為に、2ページを使ってしまいます。

 学習したものを、含むと、呪文数は、下記の通り

 レベル0・・・19個 (19ページ)
 レベル1・・・19個 (19ページ)
 レベル2・・・15個 (30ページ)
 レベル3・・・5個  (15ページ)

 うち、学習したものを、除くと、

 レベル1・・・12個 (12ページ)
 レベル2・・・11個 (22ページ)
 レベル3・・・1個  (3ページ)

 つまり、
 書き込み済み総ページ・・・83ページ
 学習を除いた総ページ・・・37ページ


リリージ:「3,700gp!」(ガーン)

 まぁ、それくらいは、あるので、払います。


リリージ:「ところで、呪文書って、白紙もいれて、全部で、100ページだから、あと、17ページしか、空きがないですけど・・・」

スターティ:「2冊目の白紙の呪文書を、買ってください」

リリージ:「うへー・・・」

|

« D&D:ゴールド挨拶 | トップページ | 土曜セッション:D&Dグランゼリカ(その15の1)【影の神殿】《前編》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D&D:間違いダラケのDMめも(その2):

« D&D:ゴールド挨拶 | トップページ | 土曜セッション:D&Dグランゼリカ(その15の1)【影の神殿】《前編》 »