« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.24

今日の小話 設定編その5

★いかん

 妖精スターティ:『やかん』

 なんだそれ。

 つーか、ダークな記事がいつまでも鎮座してるのは、よろしくないので、違う話題ありませんか?

 妖精スターティ:『あなたのブログなのに、わたしにあるわけないじゃん』

 そこをなんとか

 妖精スターティ:『仕方ないので伝家の宝刀を・・・』

 それは・・・


妖精スターティ:『コホン、ん、たしか10回目です。知らない方は、知らぬが仏で・・・

ホット!ケーキぃ!・・・見にくい?

ものすごい、久しぶりですよう。
過去の記事は、カテゴリー「妖精スターティの今日の小話ですよう☆」をご参照くださいね。

妖精スターティの今日の小話☆

シリーズ10回目、閑話休題!題して“設定編その5”です。はてはてフムーン?』

★んと、今回は、『ルーン・エルフ』についてです。

★ルーンエルフとは、精霊神セイラムが、生み出した戦闘妖精で、生命神ドラゴーラの創造した戦闘眷族を壊すのが仕事でした。
 私の住んでいた「パーテリア」という世界が作られる前に、「アース」と呼ばれる、精霊のみで構成され、精霊神セイラムが管理する、世界があったのだけど、これを、生命神ドラゴーラが、奪おうとしたので、セイラムは、世界を守るために、戦うだけの目的を持った妖精を作ったのです。
 戦闘妖精は、2種族いて、物理的に攻撃する「ルーンエルフ」と、精神的に攻撃する「ルーンリトル」が、います。

★対抗するために、ドラゴーラも戦闘眷族「ドラゴン」を創造し、対抗しました。
 結局、この戦争で、「アース」は、破壊され、セイラムもドラゴーラも相打ちで、滅びました。私の住んでいた、「パーテリア」は、セイラムとドラゴーラが、創造した、妖精、精霊、眷族、アースの残骸を、創滅神リズアリスが、掻き集めて創り出したそうです。

★ルーンエルフは、小柄な少女か少年といった感じの風貌で、金色の髪と、白い肌、緑の服を着ています。手には、包丁か、短弓を持っています。
 背中に担いだ矢筒から矢が絶えることはありません。
 彼らは、敵を弓で射やり、包丁で切り刻み、その顎で噛み砕き、食べちゃいます。
 仲間同士で争うことは、なく。不思議な統制が取れています。
 うわさでは、統制をとるための、リーダーが、存在するらしいのですが、定かではありません。

★ルーンエルフは、パーテリア世界では、封印されていたのですが、いつからか、封印が解かれ、暴走していました。
 活動範囲が、なぜか、ダークフォレストのみのようなので、被害は、あまりありません。
 リーダが、いないせいか、妖精たちや、精霊にも攻撃するみたいです。
 リーダがいなくても、不思議と統制は、とれてるみたいです。

★次回は、岩石の妖精さんが、まっぷたつなとこからです。

 ひーん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.13

日記:曲がり角なのか転機なのか気のせいなのか

★つまりそういうこと。

 妖精スターティ:『このまま、この仕事で良いのかしら~ということですね』

 色々とダメになっている

 妖精スターティ:『会社でなくて、自分ですよね』

 そういうこと。
 あまり、そういうこと考えたこと無かったのだけど、言われてしまうとヒタスラ悩んでつまり

 妖精スターティ:『すっかり、そのモードに』

 成るわけですよ。なぜならば

 妖精スターティ:『自分の考えというか、目的が無いのが問題ですよね』

 ナッシング!つまり

 妖精スターティ:『愚痴でした~。次回は、ポジティブな記事で、お会いしましょう』

 ぐだぐだ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.06.02

日記:PDA

★PDAといえば、ボクは、"Zaurus( SL-A300)"を持ってるわけですが、まったくもって何に使ってるかと言いますと、「メモ帖」&「電卓」でゴザイマス。
 もうちょっと画面が大きければ、スケジュール表も見やすくて良いのだろうかと思うのです。このZaurusだと、スケジュール表は、表になっても、内容が一覧では、□マークしか出なくて、クリックすると詳細が表示される仕組み。大抵のPDAのツールは、そういう感じなのだと思うのだけど、一目で見れると良いのになぁと思います。ひょっとして最近のPDAは、そうなってるのでしょうか。お勧めのPDAがあれば、ご紹介クダサイ!

 妖精スターティ:『でも結局、メモ帖&電卓になる気が爆発です』

★大爆発だ!
 TRPGのシナリオ管理や、MAP作成とか使えるようなのだと更にいいのに!

 妖精スターティ:『どんな、PDAですか、それってバ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »