« 妖精スターティの故郷話その3 | トップページ | 妖精スターティの故郷話その4 »

2005.07.25

今日の小話 設定編その3

妖精スターティ:『んと、妖精スターティの今日の小話!6回目です。知らない方は、知らぬが仏で・・・

ホットケーキ!

・・・あちちちっち!

 シリーズ6回目、閑話休題!題して“設定編その3”です。ばばん!

★今回は、『岩石の妖精』に、ついてです。
 以前“設定編その1”で、お話した、妖精王のうち、『岩石の妖精の王』に仕える妖精達を、『岩石の妖精』といいます。
 パーテリアでは、岩石の妖精達は、地下に眠る、宝石や、鉄、石を掘り出して、地表近くに運んだり、山を積み上げたり、崩したり・・・なんか忙しそうにしていました。
 たまに、木々を育てたり、切り倒したりして、『森林の妖精』たちと、縄張り争いをしてます。
 せっかく掘り出した、宝石や鉄、石を、人間に持って行かれちゃうこともあって、ガッカリしたり、怒ったりします。

★岩石の妖精の容姿は、顔が、お爺さんみたいにシワが多く、お鼻が大きいです。
 長いヒゲを生やしていて、長いほど格好いいらしいです。手足や背が短く、その割には、顔が大きいです。
 力が強く、重い鉄斧を片手で振り回せます。
 バランスをとるのも上手くて、細い縄の上を走り抜けます。
 岩石の妖精には、寿命があって、ある日、土に、なってしまいます。
 時期は、自分で、大体わかるらしいです。

★水に弱くて、触れると溶けます。
 私たち泉の妖精にも弱いらしく、触れると溶けます。
 彼らは、水を飲めないので、喉が渇いたら、お酒を飲みます。
 お酒は大丈夫らしいです。
 油に触れても平気。
 なんでかな~?

★『岩石の妖精の王』は、地中深くに住んでいて、その姿をみたものは、『岩石の妖精』以外には、居ないらしいです。

★この頃の『岩石の妖精』は、極端に水に弱かったのですが、後に、耐性がついて、溶けなくなりました。ずっと後のことです。『岩石の妖精の王』が、死んだころです。

★次回は、"呪われた冒険者の店"からの続きです。お楽しみに~。

|

« 妖精スターティの故郷話その3 | トップページ | 妖精スターティの故郷話その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の小話 設定編その3:

« 妖精スターティの故郷話その3 | トップページ | 妖精スターティの故郷話その4 »