« 妖精スターティの故郷話その2 | トップページ | 7月7日は、ルリルリの誕生日! »

2005.07.05

今日の小話 設定編その2

妖精スターティ:『第4回目ですよう?知らない方は、知らぬが仏で、ホットケーキ!
 いい加減、格好イイきめ台詞を考えてください。
 えと、シリーズ4回目、閑話休題!題して“設定編その2”です。テケテン!

★今回は、妖精の寿命についてですよ。
 私の住んでいた世界「パーテリア」では、妖精の寿命のタイプが2種類あって、寿命のある妖精と、ない妖精に分かれます。
 「泉の妖精」や、「火炎の妖精」には、寿命がなく、
 「岩石の妖精」と「森林の妖精」には、寿命があります。
 これは、それぞれの「創造主」が違うからです。

★泉 と火炎の創造主は、「天空神ウィンザー」という神様です。
 岩石と森林の創造主は、「大地神グラリーヌ」という神様です。

★もともとは、岩石も森林も寿命が、無かったらしいのですが、グラリーヌ様は、岩石と森林に寿命を与えたのです。
 ことの原因は、ウィンザー様のせいみたいです。

★ディスマスのような妖精には、寿命があったのかは定かでは無いです。

★寿命が無いからといって、不死とは限りません。
 存在を維持できなくなったら消滅してしまいます。
 私の場合だと、切り刻まれたり、潰されちゃったら死んじゃいます。
 ただし、水滴に変化して、2週間後には治ります。
 水滴の状態で、蒸発されたりすると、もうだめです。さよならです。

★今回は、この辺までです。質問あったらカキコしてくださいね。
 次回は、ミディのボケかましの続きです。お楽しみに~。
 

|

« 妖精スターティの故郷話その2 | トップページ | 7月7日は、ルリルリの誕生日! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の小話 設定編その2:

« 妖精スターティの故郷話その2 | トップページ | 7月7日は、ルリルリの誕生日! »