« 今日の小話 設定編その1 | トップページ | 今日の小話 設定編その2 »

2005.07.01

妖精スターティの故郷話その2

妖精スターティ:『えとえと、妖精スターティの今日の小話!第3回目ですよう。知らない方は、知らぬが仏で・・・

 ホットケーキ! 


 …大声でも寒すぎ…

 えと、シリーズ三回目“妖精スターティの故郷話その2”です。じゃじゃん。

★えと、前回は、泉の妖精の女王様が首チョンパーを食らいました。そこまで話しましたよね?
 仲間の妖精達が大慌てで、首の切れ目から飛び出す液体を止めようと駆け寄りますが、液体の勢いは凄まじく次々と渦に巻き込まれてしまいます。

★見上げると、女王様の首から上が、湖面を目指して凄い勢いで上昇しています。
 女王様の首は、微笑んだまま湖面を突き抜けて空へと舞い上がりました。
 私も女王様の液体の渦をすり抜けて、湖面を突き破って、首を追いかけます。

★『むむ!追いかけててくるとは予想外!』
 何者かが、女王様の首を頭から抱えていました。コウモリの羽を持った黒い妖精です。
 私は、問います。『あなたは誰?』
 『問われて名乗るもおこがましいが、答えよう!我は、ピクシーディモンナイトの、ディスマスだ。お前たちは、お終いだ。女王の首は頂いた。泉は枯れるであろう!』
 腰に、黒く細い剣が下げられています。多分、これで、首チョンパーしたのです。
 『女王様は、不死の存在ですよう?チョンパーくらいじゃ死なないですよう』
 『ゲラゲラ、残念だな。こうやって首をハネレバ、血が流れて枯れちゃうのさ。』
 『ええ!そうなの!?』
 知りませんでした。

★ディスマスは、そのまま、西へと飛んで行きます。追いかけて首を取り返さないといけません。
 『まってぇー!』
 待ってくれそうもありません。私は、生まれてから一番の速度で飛んで追いかけました。
 肌を覆うフェアリーパウダー(妖精の粉)が、風に煽られて銀色の光を放ちながら、後方へと流れていきます。綺麗です。

★気が付くと、追いついていたようです。いえ、違います。知らない内に、私の側に、来ていたのです。
 見覚えのある「腕」が、飛びました。私のです。腰から下が、地面に落ちて行くのが見えました。
 瞬間で、意識が無くなりました。

★目が覚めたのは、湖の底でした。妹の「エンディ」が、
 『あなた、死んだのよ?』
 と、言いました。
 『・・・てことは、2週間たっちゃった?』
 私たち泉の妖精は、死んでも水滴に変化して、2週間で元に戻ります。
 『そうよ、でも、女王様の居所が分かったわ。』
 エンディが、言いました。

★エンディの話では、女王様の体から流れ出た血、緑の液体は、湖から繋がる世界の泉すべてを、満たして、枯れた泉は、今は、ないということ。
 首からしたの女王様は、指で、湖底の砂で、現在位置を示す地図を書いてくれたようです。

★泉の妖精の中でも力のある私と、「エンディ」「ミディ」とで、女王様を、助けることにしました。
 女王様のお城の倉庫から、巻物や、持てそうな道具を袋に詰めて準備万端です。
 ずっと、黙っていた「ミディ」が、突然叫びました。

 『ああ!大変だ。女王さま!』

 私と、エンディは、ビックリして、首の無くなった女王様を見ました。

 『女王さまの首が無い!

 ・・・うん、無いよ

|

« 今日の小話 設定編その1 | トップページ | 今日の小話 設定編その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妖精スターティの故郷話その2:

« 今日の小話 設定編その1 | トップページ | 今日の小話 設定編その2 »