« 妖精スターティの故郷話その1 | トップページ | 妖精スターティの故郷話その2 »

2005.06.27

今日の小話 設定編その1

妖精スターティ:『こんにちは!SA.homepageのマスコットの妖精スターティです。妖精スターティの今日の小話!第2回目ですよう。知らない方は、知らぬが仏で・・・ホットケーキ!   ・・・寒い。

 このシリーズは、完全創作で、架空の世界パーテリアの解説と、わたし、妖精スターティの昔話を綴るものです。

 えっと、シリーズ2回にして閑話休題!題して“設定編その1”です。マジマジ?』

★私の今は無き故郷、その名を「パーテリア」という世界では、世界全体の泉や湖を『泉の妖精の女王様』が管理していました。
 各地に散らばる泉には、妖精が1体配置されていて、責任を持って管理します。
 管理と言っても、泉に浮いていればいいので、簡単です。
 私たち泉の妖精は、水を浄化する能力があるので、浮いてるだけで、良いのです。
 何か、異常があれば、女王様にお知らせして、指示を仰ぎます。
 故郷話その1では、泉が枯れたので、報告に行きました。
 泉の妖精は、"力ある"3体の妖精と、番号で呼ばれる妖精達とに分かれます。
 "力ある"3体の妖精は、番号でいうと、1~3にあたり、番号でない名前があります。
 『スターティ』『ミディ』『エンディ』です。
 私が、一番おねぇさんなのですよう。
 妖精王は、他にも3体いて、
 『岩石の妖精の王』
 『森林の妖精の王』
 『火炎の妖精の女王』
 と呼ばれていました。それぞれ重要な役目を負っていたのです。
 神々は、私たち妖精と、人間に世界の運営を託し、地上から立ち去っていました。

★次回は、女王様の首チョンパーの続きです。お楽しみに~。

|

« 妖精スターティの故郷話その1 | トップページ | 妖精スターティの故郷話その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の小話 設定編その1:

« 妖精スターティの故郷話その1 | トップページ | 妖精スターティの故郷話その2 »