« TRPG:ワンマンプレイ | トップページ | 日記:道は凍る »

2005.01.05

TRPG:『ワンマンプレイとコミュニケーション』

記:SA.星忍冒険

★ただ一人、パーティから外れて、独断行動をするワンマンプレイ。
 キャラクター的に、または、PLの思惑から生じた、単独行動は、参加者から、面白がられることもあれば、疎まれることもあります。
 面白がられる場合は、参加者全員が、そのキャラクターまたは、PLの行動に共感しているからでしょう。または、客観的にみて、それにより起こる事象を観察しているのでしょう。
 疎まれる場合は、参加者が、そのキャラクターまたは、PLの行動に賛同できず、シナリオ進行が停滞し、面白くないと思われているからでしょう。

 なぜ、そんなことが起こるのか?

 先日、僕は、後者の事態に陥り、GMからも指摘を受け、PLさんたちからも引かれてしまいました。
 僕自身は、アクション自体には、自信があり、問題ないと思っていただけに、納得行きませんでした。

 正直全員にムカついたのわけですが、僕がムカつくということは、今までの経験上、自分のどこかに「非」があるのです。僕の何かが悪いのです。悪いのは僕なわけです。
 アクション自体には、問題ないと自信があるので、なにが、どう悪かったのだろうと、ずっと考えてました。

 疎まれる場合の原因を考えて見みました。「PLの行動に賛同できず、シナリオ進行が停滞し、面白くないと思われている」ということです。

 思い当たるとすると、いきなり、行動に移したことが原因だと思いました。
 ちっとも、他のメンバーに相談し、意見を聞いてないし、伝えてもいないのです。

 TRPGは、その名の通り、「卓上会話」、テーブルを囲んで会話で遊ぶゲームです。
 プレイヤー(PL)は、GMの用意したシナリオに参加し、お互い、相談・協議(コミュニケーション)をとりながら、遊ぶゲームです。僕は、まったく協議なしに、一人考えの赴くまま、遊んでいたのです。

 昔から、遊んでいる顔なじみの友人だったり、普段から意思好感をしている相手なら、阿吽の呼吸で、遊ぶこともできるでしょうけど、普通は、そんなはずはありませんし、遊んでいたTRPGは、インターネットでのチャットでしたから、意思相通なんて無理難題でした。たまたま、趣味が合って、行動を理解できたなら、トラブルもないですけど、そんなことは、稀ですよね。

 結構長く遊んでいた場所でもあり、相手に甘えていたのでしょう。意思疎通がまったくとれてなかったのです。
 コミュニケーションが大前提の遊びであるのに、これをないがしろにしては、楽しめるはずがありません。

 キャラクターを通じてか、PLとして、「僕はこういう考えで、彼を、こうしたい」と、相談が必要だったのです。
 そうすれば、相手も、自分の意見を提示してくれるでしょうし、お互い納得いくかもしれなかったのです。

 僕は、大失敗してしまったのです。

 参加していた、PLさんにも、GMさんにも、僕のそのときのキャラクターであったイージスにも、悪いことをしてしまいました。

 本当、TRPGは、楽しいゲームですが、間違うと、とたんに、つまらなくなるゲームですね。

|

« TRPG:ワンマンプレイ | トップページ | 日記:道は凍る »

コメント

 話し合い、大事ですよね・・・^^;

投稿: MA | 2005.01.18 20:38

こちらでは初めまして。
しかしあれだね。
TRPGってのは奥が深くてやめらんないですね(笑

最近のFEAR系のゲームだと談合が推奨されている風なので、この手の事故が起こりにくいかなぁ?

自分なんかはがっちり固定面子のサークルでプレイしてる上にオフラインだから顔色も見えるし、この手の事故はほとんどないんだけど、オンセってその部分が難しいよね。

恥ずかしくないので、なりきりプレイがしやすいらしいんだけど、普段からそういうロールプレイなのでかわらn(ry

投稿: 如月葉月 | 2005.01.28 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TRPG:『ワンマンプレイとコミュニケーション』:

« TRPG:ワンマンプレイ | トップページ | 日記:道は凍る »