« 2004年9月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.11.20

TRPG:『GM心得』

記:亜考愛美 (SA.Fantasy企画部部長)

★心すること。

・ムキにならない(感情をださない)。
・イベントでもない限り、NPCの援助をださない。
・プレイヤーが本当に嫌がっている場合、そのシナリオは却下。
・プレイヤーの話題にのらない。
・イベントでもない限り口を出さない。
・意味の無い単独行動は無視。
・RPGは、ゲームである。
・最後はハッピーエンドとは限らない。
・プレイヤーが正義の味方とは限らない。
・状況説明は細かくする。
・一人でもシナリオと関係なく、しかもプレイヤーの行動に非がなければ、進行中のシナリオおよび、イベントは、一時止まるか、起こらないようにするか、ずらすこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRPG:暴走について

記:SA.星忍冒険
★ゲームに熱中するあまり、その後に起こる事態を想像できずに、ロールプレイや、行動指示を行ってしまうことがある。僕はこれを 『暴走』と呼んでいます。
 先日、これを、やってしまい、後味の悪いことになりました。ここで、その対策などを、ひとり、考えてみようと思います。
 僕は、最近参照することを怠っているのですが、「GMの心得」作成していて、昔は、これを参照してからゲームに望んでいました。

・ムキにならない(感情をださない)。
・イベントでもない限り、NPCの援助をださない。
・プレイヤーが本当に嫌がっている場合、そのシナリオは却下。
・プレイヤーの話題にのらない。
・イベントでもない限り口を出さない。
・意味の無い単独行動は無視。
・RPGは、ゲームである。
・最後はハッピーエンドとは限らない。
・プレイヤーが正義の味方とは限らない。
・状況説明は細かくする。
・一人でもシナリオと関係なく、しかもプレイヤーの行動に非がなければ、進行中のシナリオおよび、イベントは、一時止まるか、起こらないようにするか、ずらすこと。

 これらのいくつかは、プレイヤーのときにも参照できます。僕として問題なのは、「RPGは、ゲームである」にかかります。
 今回の事例では、「PC1が、PC2に侮辱されたため、PC2に対して、剣で攻撃。星忍PCが、それをみて、阻止するため魔法でPC1を攻撃、このPC1と星忍PCで口論に発展」という次第でした(PC=プレイキャラクター)。
 現実的な場面だと、「侮辱し笑われたため、ナイフを持って、斬りつけた」という場面であるため、事態を重く見た僕のPCが、止めに入ったわけですが、「魔法」を使った時点で同じことをしてるので、ちょいと間違えたなと反省します。
 また、よくよく考えてみると、PC1のプレイヤーは、ちょっかいをだしてきた、PC2に対して、PC1という「駒」を使って、反論しただけであって、ゲームとして考えると、それほど、おかしい行為でもないわけです。
 RPGは、「ゲーム」なのですから、これは、当たり前ですね。
 ですが、僕は、「セッション内で起こっていることは、そのPCに対しては事実である」という認識が高く、「星忍PCは、このことに対して、許せないに違いない」と解釈し、実行してしまったのです。
 他の参加者は、当然、「ああ、ふざけてるなぁ」と、事態を流してるのに、これでは、台無しな上、興ざめです。
 ロールプレイングゲームは、「演じる」ゲームですが、決して、「キャラクターロールプレイング」に固執しているわけでなく、「戦士」「魔法使い」「盗賊」「神官」などの「役割ロールプレイング」でもあるわけですから、これも考慮しておく必要があるわけだと思います。

 PCに手を出すときは、もうちょっと良く考えようと、反省するセッションでした。とほほ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.06

日記:なにわ書房で買い物

記:SA.星忍冒険
★お出かけ・・・
 昨日になりますが、自宅から一駅の場所に出かけました。そこに電化屋があるという噂です。規模は小さめでした。特に買うものもないので、素通り。「GEO」という書店+CD+ゲームのお店があり、どうもあちこちにあるので、このお店は、TSUTAYAと同じようなお店ですね。
 XPのSP2がついてる本を見つけたので、購入です。
 もう一度、地下鉄に乗り、20数分いった場所にある「大通」駅に下車。すでに夕方で火が落ちてます。17:00になると、もう真っ暗です。
 「TV塔」とかいうのが建ってまして、なんかイベントがあるみたいで、塔の前の広場で、エレクトローンを引いているお姉さんがいました。
 横目でみつつ、ふらふら移動です。本屋を数件見て回ります。
 おなかもすいてきて焼き鳥屋に入ろうと思ったけど、なんだか一人では入れそうな雰囲気で無いので断念。
 途中、『なにわ書房』を発見。なにわ!?見て回ると、やぁ、TRPGルルブが売っているではないですか!最近のばかりですけど。購入を検討しましたが、考えてみると、遊んでくれる人がいないことに気付き、また、今度にすることに決定。
 かわり?に、電撃コミックス「一撃殺虫!!ホイホイさん」を購入です。掲載雑誌では、一度しかお目にかかったことがありません。過去に、関連ゲームがPS2で発売されていて、それを持っているのです。掲載雑誌では、月刊誌で一話1ページほどの掲載ペースだったので、単行本するのはいつだろうと思っていたのです。ああしかし、これ再販なのかー!友人に聞くと、初版には特典DVDがついてたそうです。ザンネン。
 そのまま、札幌駅目指して徒歩で移動~。ビックカメラで、物色。やや!ファミコン互換機なるものが売ってます!今度来て、まだ残っていたら購入を検討しましょう。ペインター簡易版の最新版があったので、買ってみようと会計に並びましたが、なんか手前の客相手に戸惑っている様子。やぁ二人いるんだから、こっちに一人来て欲しいデスナー。僕以外にも待っている人がイマスヨー、腹が空いてきたので、商品を戻してスタコラ去りました。ビルの上に、レストランがあるので、回転寿司に入って、回ってきたのを取って食べますが、ろくなものが来ません。注文したけど、タイミングが不味かったようで、通ってなかったのか全然きやがりません。まだキナイヨ!催促して来たのを食べてからトットと去ります。

★訪問販売・・・
 もう、扉を開けてやりません!うきー!居留守のコツ教えて欲しいです。
 経験値あがりました。多分。今度は、殺ってやる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2005年1月 »